レンズインプレッション

シグマ30mmF1.4 DC HSM Art インプレッション

店長エンゾーです。 エンゾーが仕事の物撮りで使っているカメラは、もうずっとPENTAXのK-5ですが、常日頃持ち歩いている一眼レフといえば、K-5ではなくEOS Kiss X7です。どちらもセンサーはAPS-Cサイズですが、同じカテゴリーとは思えないほど大き・重さが違うので、機動力はどうしてもKiSS X7に軍配が上がってしまいます。 その「主席お散歩カメラ」であるEPS Kiss X7に、どんな … 続きを読む

  • 拍手! (13)

X-Pro2 ファーストインプレッション(その2)

店長エンゾーです。 最近、X-Pro2を購入後のユーザーの感想を価格.comで読んでいると、その評価の高さに驚きます。中には「フルサイズの一眼レフから買い換えて本当に良かった!」と絶賛している声も少なくなく、開発陣にとってこれ以上の賛辞はないだろうと思う次第です。 はたして、世評の通りフルサイズを食うほどの描写なのか?とるものもとりあえず試し撮りに行ってみました。お供のレンズは何にしようかと迷う必 … 続きを読む

  • 拍手! (60)

XF27mmF2.8 インプレッション

店長エンゾーです。 カメラ界には「パンケーキレンズ」という言葉があります。ざっくり言えば「極端に厚みが薄い交換レンズ」のことです。大体において、この手のレンズはメーカー的に「便利なズームレンズの先にある、奥深い単焦点レンズの世界を知ってもらうための最初の一本」という位置づけになっており、そのため交換レンズ群の中でも比較的安価であることが一般的です。 その一方で、より高価で明るい単焦点レンズと比較す … 続きを読む

  • 拍手! (27)

レンズインプレッション・EF50mmF1.8 STM(その1)

店長エンゾーです。 表題の通り、EF50mmF1.8 STMが手元にやってまいりました。 発売前に予約注文していたにもかかわらず、うっかり受け取りを忘れていて今頃入手しました(汗)。 フードを付けた場合、こんなサイズ感になります。ちゃんとクリックストップする、マットで質感の高いフードです。是非セットでの購入をおすすめします。 実はエンゾー、EF50mmF1.4 USM(いわゆる並単)も所有していま … 続きを読む

  • 拍手! (17)

OM-D E-M5 Mark 2の外観デザインは、見れば見るほど考えられていた。

店長エンゾーです。 先週の金曜日、発売と同時に、オリンパスの「OM-D E-M5 Mark II」を入手しました。CP+のオリンパスブースでデモ機を触った際は、ひとり5分の制限時間がある中、とるものもとりあえず「ボディスーツを作ることは可能かどうか」の確認を最優先したので、笑顔を振りまく美人のコンパニオンさんにレンズを向けることもなく、ひたすら三脚穴の位置やバッテリー室の蓋の形状や開き方など、いつ … 続きを読む

  • 拍手! (10)

SEL35F28Zインプレッション

店長エンゾーです! 予告通り、さっそくソニーのフルサイズ用単焦点レンズ「SEL35F28Z」で撮ってみたので、作例をUPしてみたいと思います。と言っても、このゾナー自体は現時点で1年以上前の2013年10月に発売された「FEマウント最初の単焦点レンズ」ですから、インプレッションとしては今更感も否めませんが(^_^;)。 このレンズの外観的な特徴は、まずそのコンパクトさ。明るさをF2.8と欲張ってい … 続きを読む

  • 拍手! (7)

EF-S 24mm F2.8 STM、絞り開放での写りは?

店長エンゾーです。 前回予告しておりました、Canon EF-S 24mm F2.8 STMの作例を掲載したいと思います。 解像力テストなどスペック的なものは他に譲るとして、エンゾーが個人的に興味があるのは、あくまでも「撮りたいものを撮った時にどうなのか」という部分なので、そういう作例になっています(^_^;)。 今回もっとも意識したのは、『絞り開放は使えるのか』という点。兄貴分に当たる40mmF … 続きを読む

  • 拍手! (17)

デジタル世紀の銘機 ・ 01 『CONTAX SL300R T*』・

店長のエンゾーです。 先週の水曜日は僕がブログの当番だったのですが、出張先で更新できず、三回目にしてすっ飛ばしてしまいました。 「毎回更新するぞ!」 と猛スピードでジャンプ台を飛び出しながら、絵に描いたような美しい放物線を描いて落下する三日坊主です。 飛型点なら満点でしょう。その上、日曜まで福岡に帰ってこなかったため、オフィスでは モリ :  「これはつまり、俺たちも更新をサボっていいというフラグ … 続きを読む

  • 拍手! (5)