iPhone6s レザーケース開発記(その4)初めてのiPhoneケース、誕生間近です

こんにちは、デザイン企画の佐藤です。

最近は天気が不安定ですね。こちらはコロコロと天候が変わります。寒い日が続いたのと思ったら日中は暖かだったり、雨が降ったり止んだり。基本的にはこちらもドンドン寒くなっていますが、関東から転勤でこちらに引っ越された方と話すと、「福岡は南国だと思って来たのにビックリした」と言われる事があります。
天気予報を良く見ると、東京よりも寒い日も結構あるんですけどね。ともかく、寒さ対策は万全にして元気に2015年を乗り切りましょう!

 

それでは、商品開発のお話です。

何度もブログで開発状況をお知らせしていたiPhone6/6sケース。ついに完成形が手元にやって来ました。

ジャン!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポコポコの突起がケースを持った時のホールド感をUPしてくれるこのケースですが、何と言っても天然の革の加工ですので、流れ作業で全く同じものをジャンジャン作ることは出来ません。革の伝統的な技法の1つ「絞り」でこの突起を作るのが、ホント予想以上に難しかったんです。色々な種類の革を試してみたり、突起の形状や高さを変えてみたり。

そういえば初めの頃は、ポコポコの突起ではなく穴のあいた凹ボコバージョンもありましたね。

*+:。.。(-ε-)。.。:+*シミジミ

絞りを担当している職人さんに温度や圧を変えたり、加える水分量を調節したりして頂きながら何度もテストを繰り返し、やっとみんなが納得行く形にたどり着きました。あのポコポコ1つ1つは、職人さんの技術とプライドの結晶です!すっかりポコ達が愛おしく感じてきました♡

販売用の商品の生産時も、職人さんが革の様子を見ながら、2回に分けて圧力をかけて絞る計画ですよ。

 

そして、何度もサンプルを確認しているうちに、「個人的には逆に開くほうが使い易い。」という意見も出たので、iPhone本体を右にセットするもの、左にセットするものの2種類を販売することになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番デザインと絞りの仕上りのバランスが良かったユリシーズ一番人気の定番『プエブロ』を使用した3色展開。開き方は左右が選べます。

ストラップもちゃんと付けられるようになっていますよ。(もちろん、木製リングストラップ【minimoミニモ】もぴったり!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベジタブルタンニンなめしのイタリア製革なので、手で触って使うごとにツヤが増して成熟し、持つ手に馴染んでいきます。是非自分だけの色に育ててあげてください。

~現在、工房は生産体制を整えている段階なのでデビューの日も間近です。あと少しだけお待ち下さいね!

  • 拍手! (10)