トートバッグミーティング

こんにちは、デザイン企画の三好です。

前回の社長のブログ。すみません私。勉強不足です。社長が言ってることがさっぱり分かりません。

ニヤッとしちゃった方!分かってしまっちゃった方!いらっしゃいますか?

今も社長と、お昼に何食べたの話から

社長 「具雑煮食べた」   →   私 「美味しそうですね!」
社長 「具雑煮と言えばブゾーニ」  → 私「なんですかそれ?」
社長 「エドモンダンテスだよ」→  私「えええ??」

助けてください。

さて、トートバッグ座談会から、早5ヶ月。

illust.jpg

座談会で、沢山の貴重なご意見をいただきまして、実はトートバッグの社内開発会議は何度も行われています。

ユリシーズのトートバッグは、普段使っている「日用品」をポイポイ入れて、
それらと一緒に「レンズ」や「カメラ」も持ち歩けるようなトート。

そして、どんな服にも合わせやすい上質なトートを目指しています。

トートバッグをカメラバッグとして使用する場合の
「ポイポイなんでも入る」利点や、「日用品とカメラの仕分けが難しい」「肩からずり落ちる」「重い」等の問題点を考慮し、
社長やお客様のカメラへの情熱を盛り込んでいたら単なる「トートバッグ」を飛び越えてなんだか
これを「トートバッグ」と呼んでいいのだろうか?というような案がまとまってまいりました。

もうこれは「ドードバッグ」とかなんか別の名称考えた方が良いのではないでしょうか?

この我がまま満載の職人泣かせのトートをどう作りやすくし、
ご満足いただける物に仕上げていくのか・・・長い戦いになりそうです。

大変長らくお待たせすることになりそうですが、トート開発やってますよ!というご報告でした。
それではまた。

  • 拍手! (1)