FUJIFILM X100T用ボディスーツ発売。

こんにちは、森です。

当ブログでもちょこちょこと制作進捗をお伝えしていた
X100T用ボディスーツがめでたく発売となりました!

blog20150417a.jpg

X100T/X100S/X100 Body Suit(X100シリーズ用本革ケース)

X100Tはもちろん、X100Sや初代X100にも
ぴったりフィットのボディスーツですので、
将来的にX100Tへの買い替えを検討されている
X100ユーザーの方でも、余計な心配をせずお使いいただけます。

使用している革は、安定の「プエブロ」!
ユリシーズでずっと使い続けているイタリアンバケッタレザーです。

blog20150417b.jpg

最近だと、“本革”や“イタリアンレザー”などと言っても、
特に珍しくもない感じがありますが、このプエブロは正真正銘の最高級革です。

表面にはワイヤーブラシでダメージ加工が施してあり、
味のあるルックスでとても人気があります。

買ったばかりの状態でも新品特有の「悪目立ち」がなく、
着ている服にも自然と馴染んでくれるのが嬉しいところです。

またベジタブルタンニンなめし革特有の経年変化が特長で、
すでにユリシーズの製品をお使いの方はご存じかと思いますが、
使い込むほどに馴染み、ツヤが出て、美しい色の変化をお楽しみ
いただけますので、長く使うほどに愛着がわいてくる革です。

ほかの有名な革でいうと「ブッテーロ」や「ミネルバボックス」などと、
見た目や感触の好みこそ分かれるとは思いますが、
いずれにせよこのクラスの革をカメラ用品に使っているところは
非常に少ないです。良い革は高いですからね…。

私たちもできる限り手の届く価格で提供したいと考えているため、
値付けの時は毎回みんなで悩みまくっています。

スタッフA「制作費から考えると、このぐらいの値段ですかね。」
スタッフB「自分がお客さんなら、このぐらいの値段が買いやすいなぁ。」
スタッフC「いや、それだと原価率高すぎでしょ…。」
全員「」

この流れが、値付けの時の定番です。

これを最低3セットは繰り返します。

さて、デザインで今回こだわったのは、ボディスーツの左右にある「耳」の部分です。

blog20150417c.jpg

実は、初代X100用に制作したボディスーツには
この「耳」がついていたのですが、
その次のX100S用に制作した時は仕様上カットしていたのです。

そして時を経て、今回X100T用に作ろうとした時、
やっぱりこの「耳」が欲しいなと思ったわけです。

丸みがあって、ボディスーツ全体がよりクラシカルな風貌になるので、
特にX100シリーズのようなカメラにはぴったりのデザインだと思っています。

あと、デザインそのものとは関係ないのですが、

「カメラの角が保護できそうで好き。」

というお声を、お客様から何度かお聞きしたことがありました。そういえば。

ただ、このX100T用ボディスーツの場合は片側の耳が低い位置についているため、
少なくともそちら側の角は保護できないのですが。汗

ストラップの組み合わせは、X100Tの重量やデザインから見てクラシコが一番人気でしょう。

blog20150417e.jpg
(ネイビーのボディスーツに、オリーブのクラシコ。)

個人的にはスリングショットクラシコ・ドリットなどもおすすめです。
よりクラシカルでカッコ良い組み合わせだと思います。

アルチェーレとのコンビもいい感じです!

blog20150417d.jpg
(チョコレートのボディスーツに、チョコレートのアルチェーレ。)

X100T/X100S/X100 Body Suit(X100シリーズ用本革ケース)

X100シリーズをお持ちの方へ、自信を持っておすすめします!

お買い求めはお早めに!(^o^)ノ

  • 拍手! (0)