お財布、作り始めました。

店長エンゾーです。

最近、とにかく開発案件が多くて散らかっております。主に脳内とデスクが。
本来であれば、ここで活動報告すべき案件が幾つもあるのですが、どれから手を付ければいいのかも分からない有様。

今日はとりあえず、どれくらい混乱しているか、その支離滅裂っぷりを披露することにします。

【開発するかどうか迷っているものの例】

 ■EOS Kiss X7用ボディスーツ■

「え?今そこ?」
・・・というような話ですが。

何しろ2013年4月24日に登場したカメラですので、発売から3年以上経過しており、ぶっちゃけ、いつモデルチェンジされてもおかしくない機種ではあります。また、今までユリシーズでは「着せればかえって持ちにくくなる」という理由で、一眼レフ用にはいっさいボディスーツを作ってこなかったのも事実。つまり、作るべき理由はほとんどありません。

ただですね・・・。ボディスーツを作るにあたっては、基本的に「エンゾーが好きなカメラかどうか」という超個人的な主観が反映されるので、プライベートで出番の多いKiss X7のためのボディスーツは、定期的かつ発作的に作りたくなるのです。それにKiss X7はコンパクトすぎるがゆえに、グリップが小さくて握りにくいので、ボディスーツで高さを稼げば、小指まできちんと握り込めるようになって実用性が向上しますし、何よりかわいいだろうなあ、と・・・。

まあ、妄想なんですが。

【開発に着手したものの例】

 ■Lジップウォレット(仮称)■

「え?カメラ用品じゃないの?」
・・・はい。

実は現在、革財布を作り始めております。

以前より、カメラには縁のない方々から、

「ユリシーズさんで何か気の利いたプレゼントを買いたいんだけど、なにしろカメラグッズしか無いので、選びようがありません・・・」

というような切ないつぶやきを、何度となく頂いてきました。だからというわけではないのですが、これまでどおりカメラグッズは作りつつも、少しずつですが、まったくカメラとは関係のない「日用品」にもチャレンジしていきたいと考えていて、手始めに「薄型の財布」をやってみることにした次第です。

薄型の財布、あるいはミニ財布と言えば、ここ3~4年で一気にバリエーションが充実し、タイミング的にはむしろ飽和しつつある感すらあります。が、実はエンゾーが個人的に「これだ!」と思えるものには、いまだ出会えていません。それには単純な理由があります。

昨今は「ミニマリズム」「ミニマリスト」がブームで、モノを持ちすぎないことを前提とした提案が多く、財布で言えば、だいたいカードを4~5枚に抑えるよう推奨していたりします。
ところが、カードの枚数を減らせないエンゾーにとっては、そもそも運用不可能なものばかりなのです。免許証、保険証、銀行のカード、会社のクレジットカード、Suica。おっと、もう5枚!これにマイレージカードや宅配BOXのカードや映画館の会員カードなど、利用頻度が少ないからといって携帯するのをやめたら、いざというときに必ず後悔するたぐいのカードまで考え始めると、とても5枚以内になど抑えられません。
かと言って、別途カードケースを持ち歩くのも、物が増えて面倒です。もちろん、会員カードの類などは可能な限りモバイル環境に移行するといった工夫も可能ですが、それにも限度があります。

そういうわけで、「お札や小銭はもちろん、カードがたくさん(最大14枚)入るのに、余裕でヒップポケットに収まる薄型財布」を、作ってみることにしました。形は、とりたてて珍しくもない「L型ジップタイプ」。ただし、極端に薄くも小さくもないけれど、外見からは中身のボリュームが想像できない程度には物が入る・・・そういうコンセプトです。もちろん、革屋ですからレザーの質には妥協しません。

いつ頃完成するかはまだ分かりませんが、最初のサンプルが出来次第、またこちらで公開いたします。

  • 拍手! (32)