何でもガッチリとひっつけたいのですが・・・。

お盆はどのように過ごされましたか?
ちょっとした田舎でのんびり週末を過ごした企画担当の佐藤です。

絵日記に書くとしても「スイカとブドウをたくさん食べました。」くらいで、特にイベントらしい事はありませんでしたが、本当に毎日暑いので、山の涼しい風に吹かれて十分リフレッシュしました。
ULYSSESの地元では、今朝久しぶりに、ほんの短時間だけ雨が振りましたが、北の方では台風もやって来ていますね。皆様もニュースをチェックしてご注意ください。

 

さて、企画中の商品は山のようにあるのですが、なかなかお見せ出来るものがない今週。
バッグや財布を含めた小物、道具(?)まで練りに練ってはいるのです。それに新しい革や生地を取り寄せたり、オリジナルで生地染色をお願いしてみたり、金属パーツを色々と探したりと地味な作業も重ねているのですが、まだまだそれぞれのゴールは遠いようです・・・。

そんな同時進行のプロジェクトが多い私の机の周りは、革、生地、紙、スポンジなどの資材や道具がお互いに陣地を奪おうと大騒ぎしています。でも、ULYSSESで一 番溢れ出しそうなのは、”ひっつける関連”の引き出し。ボンドやのり、テープ達です。

その一部です↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々な素材を使って試作を繰り返しているので、気が付くとそれぞれをひっつける関連の物で引き出しが一杯になっていました。ちょっとだけしか使ってないのにカチンカチンになって捨てちゃったボンドも入れると、もっともっとあります。両面テープも多用するから色々と取り揃えていますが、私は『ゴムのり』(レトロなミ緑色の缶に入っている子)が一番好きです。

革は、貼り合わせる物 同士にそれぞれ接着材を塗って一旦乾かしてから貼るという工程が基本ですが、布でも何でもこの『ゴムのり』を塗りたくなってしまいます。一度乾かすのが面倒なようでも、貼り合わせ時にすぐにピタッ!と付くのが気分イイんです~♡

ゴムのりは、塗り伸ばす時も適度なねばりがあるのに糸を引かない塗りやすさも気に入っています。縫製前の仮止めにも使ってますよ。薄く塗れば、針が接着材に取られて縫いにくい、ってこともないようです。
まぁ、臭いのが玉に瑕だけど、誰しも完璧ではありませんからね♪

紙の貼り合わせには、スプレーのりも浮き無く均一に仕上がるので良く使います。おかげで最近はスティックのりの出番が激減しました。
ただ、小さなもの同士はスプレーのシューッと出る風で吹き飛んでしまうので、『GPクリヤー』もこの辺り(周囲半径5m以内)では結構人気です↓

glues2

見間違えて あまりの人気で、思わずネットで特大スーパーサイズを2本もポチってしまうという事件も過去にあったので、しばらくは『GPクリヤー」には不自由しなさそうです。
因みに一番下の『Gクリヤー』も両面接着です♡(これはちょっと納豆的な粘っこさ有り〼)

 

どうでもいい、私の両面接着愛に付き合わせてしまいましたが、最後に少し大切な情報を。

ULYSSESの定番【木製リングストラップminimo】は、リング状の木に開いた穴に紐を通してあり、この紐は結んだ後にその端を穴の中で接着しています。結び目が穴の中に収まって固定されるように、解けることが無いようにとの処理ですが、この為【minimo】の紐は交換が出来ない仕様となっています。

minimo

【minimo】をご愛用のお客様より、「木のリングは良い色に変化したけど、紐の交換をしたいので、紐だけ購入できませんか?」というご質問を度々頂くのですが、ゴメンナサイ・・・。無理に接着部分から紐を引き剥がす事による木の破損や強度の低下などが起きる可能性があることから、修理や紐のみの販売の対応はしていません。こんなに沢山のボンドも持っているのに役立たずで スミマセン (◞‸◟;)  ∵・゚・.:∵

それから、商品ページにも記載しているのですが、Pluggy Lock(プラギーロック)という製品と【minimo】は相性が良くないようです。想定よりも短期間で紐が切れてしまう恐れがあるのでご注意下さいね!

  • 拍手! (8)