地元の宝物を商品に

12月も半ば、やっと冬らしく寒くなって厚いコートを着始めた途端、今日の福岡の最高気温はなんと20度! ついでに沖縄は・・・26度!!!
もはや初夏?の気候に体もビックリしたのか、体調不良者続出しています。皆様も体調にはお気をつけ下さいね。喉が少し痛くてビクビクの企画担当 佐藤です。

 

いつも、「新商品の企画が沢山あるんですよ~!バタバタしてるんです。」と言ってる割に、新商品の紹介が無いなー、なんて思っていた方もいらっしゃるでしょう。
サボってはいません。社長からダダ漏れのアイデアの泉の中で溺れそうになっているだけなんです ⌒(・。・;)ノ 彡彡彡○o。

そんな中、色々な困難(?)を乗り越えついに発売となった新ストラップのご紹介です!

と言いましても、実はULYSSESのWEBショップでは販売されない商品になります。 はいっ?! ですよね。

 

えっと、こちらでご購入できます。↓↓↓(決して怪しくないです。むしろ素敵♡)
博多織オリジナルアクセサリー第2弾 「博多織カメラストラップmemento(メメント)」

♪ SONYストアオリジナルのカメラストラップなのです ♪


『ソニーストア 福岡天神』のオープンを記念した博多織オリジナルアクセサリー第2段として、商品企画と製作に参加させて頂きました。ULYSSESのある地元福岡の伝統産業である博多織の素晴らしさを伝えられるよう、チームワークを最大限発揮して商品化しましたよ。

商品自体の丁寧な詳細は上記の販売ページにおまかせし (´∀`*)ウフフ 今回のブログでは、製作現場の裏側をチラっとご案内します。

織生地の部分は、創業1861年の老舗「西村織物株式会社」にご担当して頂きました。

おカイコ様の出す繊細でツヤツヤ滑らかなたくさんの生糸の束、長い間使われてきた重みを感じる織り機や道具などに囲まれた工場。 マシン!という感じのゴツい金属機械と、きっと想像出来ないほどの工夫がいっぱいの木や竹の道具を見渡しながら、何だかタイムスリイップしたような気持ちでうっとりでした。社長も動画に写真と興奮して撮りまくっておりました。(が、下の画像は、私の雰囲気重視のものです。うん?ピントって何?

%e3%83%8d%e3%82%b8
厚みのある黒い鉄のがっしり感。カッコ良過ぎです。

 

%e7%ab%b9
木や竹製の道具があちこちで使われていました。飴色になった部分が歴史を感じさせてくれます。

 

%e7%b3%b8
なんとキレイな糸でしょう。

SONYストア 福岡天神 のブログでも、生地の織出しの様子が紹介されていますよ。

優しいツヤのある白い糸がデザイン通りの色に完璧に染色され、リズミカルに1本1本織られて行く様子は本当に見ていて飽きません。
この生地は、表と裏のデザインが違うのですが、袋織りで輪になるように織られているんです。生地部分に全く縫い目のないシルクのストラップは、首あたりも滑らかです(´∀` ♥)
少しずつ模様が織られる間、結構な時間見入ってしまいました。 因みに、織る時に下側になる模様がきちんと織られているかのチェックは、鏡で行うそうです。下の画像で御覧いただけるでしょうか?

%e9%8f%a1

ULYSSESの得意分野は革製品。このカメラストラップにはイタリアのTENPESTI社の革を使用しました。キメの細かな油脂分の多い最高級のベンズ(胴)部分のみを、伝統的な植物タンニンでなめした上質な革です。個人的には、この何とも言えない絶妙なグレーの色合いがお気に入りです☆

そしてユリシーズが作るなら、『デザインが素敵なら良い!』だけでは、も・ち・ろ・んなく、大切なカメラを安心して下げられる安心感も重要。絹織物をカメラストラップの素材として使用するのは初めてだった事もあり、このこだわりを実現させるのが一番大変な部分でした。 もともと『しなやかでいて丈夫』なのが自慢の博多織りですが、ストラップとしてのある程度の厚みも欲しい。そこで数々の芯材を試し、最終的には、袋織りの中一本一本に、手作業でテープ状の芯材を通してもらう事にしました(職人さん、本当にありがとうございます!)

柔らかくもしっかりとした高級感のある出来栄えに、私も嬉しくなる自信作です。

既に販売を開始しておりますので、お近くのソニーストア、またオンラインショップで是非御覧ください!

  • 拍手! (6)