ついに再始動!カメラも入るトートバッグプロジェクト①

新人紹介です

ご無沙汰しております。店長エンゾーです。
もうこのフレーズを何回使ったか、数えてません。

過去に10年間、ブログをマメに更新していたのがウソのように筆不精になってしまったので、
もう諦めて、代わりに書いてくれるスタッフを新たに迎え入れることにしました。
令和最初の新人は広報担当です!

そして記念すべき第一回目のお知らせは、何年も凍結していた「あのネタ」。入ったばかりの新人に、5年もスタックしていたネタを任せます。いや~、無茶振りって楽しいですね。
では、バトンタッチ!


はじめまして、新メンバーの長澤です。4月からユリシーズの情報発信を担当することになりました。
生きがいはK-popです!コンサートのために韓国に飛び、最近は友達から譲ってもらったEOS KissX7iで韓流アイドル(イケメンに限る)を撮るようになりました(笑)。これから、未だ全貌を把握していないユリシーズのプロジェクトや写真とカメラの魅力を探りながら、みなさんにお伝えしていきたいと思っています。よろしくお願いします!

トートバッグプロジェクト再始動!

長澤「早速ですが店長、さっき言ってた「あのネタ」ってなんのことですか?」

エンゾー「実は、長いこと進んでいなかった、あるプロジェクトがあるんだけど…。
その前に長澤さん、ユリシーズが最近まで販売していた『チクリッシモ』のことは知らないよね?」

長澤「ピアノの楽譜に出てきそうな名前ですね」

エンゾー「約6年前にユリシーズがクラウドファンディングで作ったメッセンジャーバッグがあって、それが『チクリッシモ』です」

長澤「それはピアニッシモやろ!みたいなのが欲しかったです…」

エンゾー「要求が細かいなあ」

長澤「それにしても、クラウドファンディングですか。そう簡単には出資者が集まらないと思うんですが、チクリッシモはどうして上手く行ったんでしょうか?」

エンゾー「そうだね。今は珍しくないけど、当時はメッセンジャータイプのカメラバッグというのが、まだ珍しかったというのはあると思う。
僕はロードバイクのようなスピードの出る自転車に乗るのが好きなんだけど、そういう人の場合、前傾姿勢でも身体にぴったりフィットしてペダリングの邪魔にならないメッセンジャーバッグは、とても重宝するんだ。
ただ、メッセンジャーバッグはモノを運びやすい反面、作りとしてはただの柔らかい袋なので、バッグの入り口が変形して潰れてしまう。だから中身の素早い出し入れには向いてないんだよね」

長澤「なるほど」

エンゾー「一方、写真好きの視点でいうと、世の中にはいつどこにシャッターチャンスが転がっているかもわからないから、単純に『いつでもどこでもカメラを持ち歩けるバッグ』が欲しかった。ただし、カメラバッグっぽくないやつで(笑)。
そこで、日用品と一緒にカメラも持ち運べて、自転車にまたがったままでもカメラがサッと出し入れできるようなメッセンジャーバッグがあったらいいなと思ってチクリッシモを作ってみたら、予想以上に反響があったんだ」

長澤「素敵ですね。自転車もカメラも好きな人にとっては、かなり理想的なバッグじゃないですか!」

エンゾー「うん…最初は、バッグのイロハも分からないメーカーが初めて作ったバッグとしては、かなり良くできたと思ってたんだけどね…」

長澤「あら。微妙な反応。何か違ったんですか?」

エンゾー「メッセンジャーバッグは、どちらかと言えばスポーティーなジャンルのバッグなので、どうしても汎用性が低いんだよ。服装や使うシチュエーションを選んでしまう」

長澤「あー、なるほど…。確かにあのデザインと使い方は、特に女子的にはちょっと難しいアイテムかもしれません」

エンゾー「なので、チクリッシモはあれでいいとして、もっと日常の幅広い場面で気軽に使えて、モノをぽいぽい放り込めるようなバッグが欲しいと思うようになった。そこで5年前、次にカメラバッグ化できないか?と思ったのが、トートバッグだったというわけ」

長澤「なるほど~。わたし、トートバッグ好きなので色々持ってますよ。休日はTシャツ、パンツ、スニーカーみたいなカジュアルな格好が多いから合わせやすくて。それに、荷物が多いタイプなので、いっぱい入るのがありがたいんですよね」

エンゾー「小さいハンドバッグとかだと、長澤さんが持ち歩いてる量の荷物は入らなさそうだもんね(笑)」

長澤「間違いないです(笑)。トートバッグならあまり気を使わずにものを入れられるし、すぐに取り出せて便利です。ただ、ポケットが1個しかなくて、バッグの中がぐちゃぐちゃになってしまうのが悩みです…」

エンゾー「あ~、あるある。トートバッグって気軽だから、ついついモノを入れすぎてしまうよね」

長澤「そうなんです…」

エンゾー「で、5年前に『だったら中でモノが迷子にならないようにすればいいんじゃないか?』と思ったんだ。それでいて、カメラも一緒に安全に(=他のものとぶつからずに)持ち運べるようなもの」

長澤「つまり、ポケットがたくさんあるトートバッグですか?」

エンゾー「うーん。ただ単にポケットがたくさんあっても、実はあまり整理整頓の解決にはならないんだよね…」

長澤「それってどういうことですか?」

エンゾー「じゃあ、そのへんのことを少し掘り下げてみようか」

 次回は、「整理整頓できるトートバッグとは」お楽しみに!

  • 拍手! (15)