光コラボという新サービス。

こんにちは、森です。

8月もいよいよ最終日を迎え、2015年もいまだ何も成し遂げて私がいる一方で、
全米オープン(本日開幕!)という世界の舞台で、錦織選手はきっと今回も活躍するのでしょう…。

そんな格差社会の真っただ中、私は今日も元気です。

 

ところで、今日はカメラと全く関係ない話なのですが、
皆さん「光コラボ」ってご存知でしょうか?

私も実はつい最近まで知らなかったのですが、
今年に入ってから、インターネットプロバイダの仕組みが劇的に変化していたのです。

ご存知の通り、もともとNTTは日本電信電話公社という国営企業であった流れもあり、
日本中に巨大な送電網を持っているわけですが、

たとえば、

①家でインターネットがしたい。

②インターネットの契約をしよう。よし、OCNと契約しよう。

③インターネットがつながった。\(^o^)/

というのが、一般的なインターネット接続までの流れで、
この場合は、「OCN」というプロバイダ(販売店)との契約になります。

ただし、実際には、NTTの光ファイバー網を使ったサービスになりますので、
OCNへのサービス料金に加えて、NTTへの利用料を支払う必要がありました。

これが今年になって、大きく変更され、
NTTの光ファイバー網が、販売店(OCN、ニフティ、So-net等)に卸販売されることになりました。

つまり、OCNのような販売店は、NTTのネットワークを間借りして商売をするのではなく、
自社のネットワークとして一時的に買い取り、インターネットを提供することができるようになったのです。

いままでは、NTTへの支払いが大部分を占めているために、
できなかった大幅な値下げが、販売店側で可能になったのです。

ここまで自分で書いてても、まったく分かりやすくないなと思いますが、
結論から申し上げますと、

インターネット料金が、実は安くなっているんだよ。おわり。

というわけであります。

 

そして、ここが一番重要なのですが、

実は既存の契約のままだと安くならないよ。

というわけであります。

乗り換え(契約し直し)をしない限り、旧システムの高い料金のままなのです。

 

乗り換えは非常に簡単で、工事も不要ですので、
特段、2年契約、みたいな縛りがない方は、
一度、見直しを検討されてみると良いかと思われます。

 

なお、どこまで本当か分かりませんが、こんな記事もありますので、ご参考まで。

フレッツ光コラボレーションに問題点?転用の意外な5つのデメリット

 

ちなみに、わが社はネット代が半額ぐらいに下がる予定であります。

 

 

  • 拍手! (11)