新しいカメラのカタチ

こんにちは、スタッフの森です。

唐突ですが、ソニーのカメラQX10、QX100

見た目、レンズだけのカメラということで、
発表された時はかなり驚きましたが、

先日、新たに、レンズ交換式タイプが発表されました。

もともとレンズだけ(といってもセンサー等も内蔵していますが)なのに
レンズが交換できるという、もはや私の理解力では対処できない次元になってきましたが、
頑張って世の中に追いついていこうと思う今日この頃です。

ところでこういったカメラが発売される裏には、多くの人が感じている、

・いい写真は撮りたいが、一眼レフは重い。大きい。
・撮った写真をSNSにアップしたいが、カメラ→スマホにデータを移すのが面倒。
・早い話が、スマホ1つでいい写真が取れれば助かるんだけど…

といった欲求、

早い話が世の中は、
わがままBOYS&GIRLSの集合体ということです。(はい?)

そんな折り、パナソニックから電撃発表されたのが「LUMIX CM1」です。

こちらは、デジカメとして販売されるようですが、実質スマホとも言えます。
(SIMフリーみたいです。)

スマホと見えても侮るなかれ、センサーが1インチ、レンズが28㎜ F.2.8という、
かなり本気のスペックで、なおかつ4K動画が撮れるとか。

正直、日常生活ではスマホとカメラの2台持ちは億劫などという
けしからん輩(つまり私です)にはとても魅力的です。

このあたりで、もう個人的にはおなか一杯になってきたので、
お風呂に入って寝ようと思っていたのですが、

そんな私をたたき起こしてくれたのが、
アメリカのRelonch社から発表された「Relonch Camera」です。

これは全く新しい、カメラケース型のカメラ。
iPhoneを差し込む!という斬新なスタイルのカメラです。

しかもセンサーがAPS-Cで、レンズが(35mm判換算で)45㎜ F2という本気度。

個人的にデザインも結構好きです。

なにより、

やっぱり iPhone で使えるとありがたいんだけど。

というわがままBOYこと私には最適です。

それぞれ違った良さがありますので、
どれを選ぶかはお好みによるところだと思いますが、
いずれにしても今後が楽しみな3機種です。

  • 拍手! (1)

恐るべし、SIGMA 50mmF1.4

万年寝不足店長のエンゾーです。

今週の月曜日は、ユリシーズ初となる、男性着用モデルの撮影日でした。
前回女性モデルを撮影した際には、EOS5D Mk2に純正のEF50mmF1.4USMを付けて撮影したのですが、どうもピリッとしない写りで、自分としては今ひとつ納得がいかない結果に終わりました。ホントは、画角の自由度が欲しい場面を想定してEF24-105mmF4Lも持って行っていたのですが、終ってみれば、50mmしか使わず。
バストショットが多くなる普通のポートレートと違い、商品込みで撮影する場合には画面内にモデルの全身や周囲の風景を入れることが多々あります。そうすると引きが取れない場所では85mmだと狭すぎるため、結局50mmの中庸な画角が重宝するわけです。

ただ、キヤノンの現行50mmは1993年6月に発売されたものであり、その光学設計は実に21年間も更新されていません。銀塩の時代に作られたものですから、今のデジタルと相性が良くないのは想像に難くありません。

そこで、今回の撮影前に、久しぶりに標準レンズを買い足すことにしました。大変評判の良い、SIGMAの「50mm F1.4 DG HSM」です。SIGMAのラインナップの中でも画質重視を標榜するArtラインに属するこのレンズ。最大径85.4mm、全長99.9mmという堂々たるサイズは、F2.8通しの標準ズームと勘違いしそうな大きさと重さです(笑)。もともとパンケーキレンズが大好きなエンゾーの趣味嗜好とは相容れない重量級ですが、そこはそれ仕事に使うレンズですから、わがままも言っていられません。

さて、実際に使ってみたところ、噂に違わぬ「解像度番長」ぶりに驚きました!まさに、カミソリ。等倍で画像チェックをするのがこんなに楽しいのは、最近だとソニーのRX1を初めて手にした時以来です。この空気感というかヌケの良さは、一度知ったら病みつき間違いなしですね。

同時に、ちょっとした手ブレやピンぼけもバレてしまうシビアさも持ち合わせているため、今回のように失敗が許されない仕事写真においては、なかなかの緊張を強いるレンズでもありました。ともあれ、当面はこのレンズのお陰で、モデル撮影時にテンションが上がりそうです。

  • 拍手! (1)

dp Quattroのボディースーツ・・・ついに!!??

こんにちは、デザイン企画の三好です。

SIGMA dp1 Quattro 及び dp2 Quattroユーザーの皆様!

「ユリシーズでは、現在SIGMA dpQuattroの
ボディースーツ作成中です。」

とうとう言っちゃいました。

このカメラ。とっても形が個性的ですので、今になるまで本当に発売できるのか不安だったんです!

が、

かなり満足いく形になってきたので、ご報告させていただきます。

P9220250.jpg
何もつけなくても十分に存在感のあるこのカメラにレザーを着せるとどうなるのでしょう??
初めての形で、全く想像が付きませんでした。

先日発売の、SONY RX100 M3のボディースーツとほぼ同時に製作していたので、
この極端なサイズの違いには戸惑いました。
P9220252.jpg

まずこの個性的なカメラのボディースーツを企画するあたり、
革を着せる事で高級感やかっこよさが増してほしいというのは勿論

「バッテリーを出し入れする事が多いこのカメラは、
ボディースーツを着せたままバッテリーの交換ができる事は絶対条件。」

「カメラを保護したいので、なるべく革でカメラを覆いたい。」

「ケースがボタンの邪魔になってほしくない!」

「もちろんSDカードも、着せたまま出し入れしたい。」

など、機能的な面もクリアしたいというわがままなデザインを押し通すことにしました。

職人さんは個性的なカメラと、わがままデザインを見て「うむ~・・・!!」とうなっていましたが、
いつでも向上心が高い職人さんは、この難解なボディースーツ作りに励んでくださいました。

まず、第一回目の試作がこちら
P8130048.jpg

「ケースの上端がカメラの軍艦部より高い事で、大きいカメラがさらに大きく見える・・・」
「鏡筒まわりのラインが大きく開いているため、なんかしっくりこない・・・」
「電源ボタンにケースがかかり、ボタンが押しにくい・・・」

等々、まだまだ改良点がいっぱいでした。

そうして、4回目の試作・・・職人さんも「これは、100%じゃないでしょうか?」
と自身満々なボディースーツがこちら。

IMGP0027.jpg
レンズ周りのライン。こだわりました。とっても美しいです。

IMGP0029.jpg
背面のボタン。ケースで邪魔しません。

IMGP9174.jpg
バッテリーの交換もスムーズに。勿論ボディースーツつけたまま三脚が利用可能。

IMGP9175.jpg
SDカードも簡単に取り出せます。

DSC_1917.jpg
ストラップと合わせてもかっこいいです。
お洒落に仕上がりました。素敵です。
イタリアンレザー(プエブロ)を贅沢に使ってますので抜群の存在感ですね。

dp Quattroのボディースーツ!完成まであと少しです。
発売は、11月頭を予定しています。

ご検討どうぞよろしくお願いします。

  • 拍手! (0)

ULYSSESのギフトラッピング

スタッフの森です。

最近朝起きて、ひんやりする室温に
秋の訪れを感じています。

もう少し夏らしいことは沢山やりたかったのですが、
今年は特に夏が短く、何もできず終いでした。(ただの出不精です)

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋ですが、
写真でいうと、やはり紅葉でしょうか。

実のところ、私はちゃんと紅葉を撮りに行ったことがないので、
一度行ってみたいなぁと思っているところです。

ミーハーですが、京都とか…。

個人的によく夏に行くのが、京都の嵐山から行ける保津川下りなのですが、
ぜひあの渓谷を紅葉の季節に見てみたいなと毎回思っています。

・・・・・・・

変わって、ULYSSESの話になりますが、

先日ラッピングを見直しまして、
包装紙とそれに合わせるリボンを選び直し、
わざわざシールをオリジナルで作った気合の入れようです。

ギフトラッピング

blog20140919a.jpg

おかげさまでラッピングの依頼が
とても多くなってきた今日この頃ですが、

ラッピングが増えても、基本的にULYSSESが儲かる値段設定には
なっておりませんので安心してクリックして下さい(笑)。

もちろん無料のラッピングも用意しております!

個人的なチョイスとしては、

柔らかな印象の、白ニットプリント×白リボン
blog20140919b.jpg

シックなモノトーンの、白木プリント×黒リボン
blog20140919c.jpg

シンプルイズベスト! ひし形柄×紺リボン
blog20140919d.jpg

あたりをプッシュします。

カメラを持っている人でも、付属のメーカー純正ストラップしか使ったこと人は結構多いと思いますので、

革のストラップは、その人にとっての
初めての体験をプレゼントするようでおすすめです!

自分が普段選ばない洋服をプレゼントされた時のような
驚きと新鮮さと、新しい世界に足を踏み入れた面白さがあるみたいです。

実際私は、私がGRを使っている友達にクラシコDGをプレゼントしたことがあるのですが、

おぉぉぉ!急にお洒落になった!!

と言って、とても喜んでいました(笑)。

その時は包装なしで渡した(←雑)のですが、ラッピングがあると、
1ランク上のプレゼントを演出できると思いますので、

私も相手が女性の時は、ぜひラッピングして渡したいと思います。

それでは皆様、良い週末を!

  • 拍手! (0)

2014年フォトキナ雑感(その1)

ただ水を飲んだだけでむせるようになってしまった42歳の店長・エンゾーです。

二年に一度のカメラの祭典「フォトキナ」が、今まさに、ドイツのケルンで開催されています。例年、メーカー各社はこのイベントに照準を合わせて目玉商品のモデルチェンジを行うので、目が離せません。(もっとも、スマートフォンに押されて市場が縮小傾向にあるカメラ業界、ここ数年の傾向としては光学メーカーのブースは元気がないようですが)

正直、行ってみたかったんですが、時間もお金もなかったので行けてません・・・。

とはいえ、今年も続々と新製品の情報が入ってきていますので、十分楽しむことは出来るわけで。
いろいろネタがある中で、とりあえずエンゾー的に一番身の丈に合っていて、すぐに手を出しそうなブツは、こいつです↓。

はい、キヤノンの現行のラインナップで二本目となるパンケーキレンズ、EF-S24mm F2.8 STMです。
一本目がフルサイズ対応のEFマウントだったのに対し、こちらはEF-SでAPS-Cサイズのカメラにしか使えません。5Dや6Dで使いたかった方にはちょっと残念なお知らせですが、エンゾーはEOS Kiss X7との超軽量コンビで使おうと目論んでいます。
何より、40mmが銀塩換算で64mmとやや望遠寄りになってしまうのに対し、このレンズは換算38mmでスナップに最適な画角となるため、喉から手が出るほど欲しかった一本なのでした。しかも、財布に優しいのが素晴らしい!「小型・軽量・安価」は、立派な性能だと思います。

ああ・・・Kiss X7とパンケーキ2本だけ持って、あてもなくぶらぶらする旅がしたいなあ・・・(遠い目)。

  • 拍手! (0)

カメラポーチ(クッシーノ)開発中。無事発売なるか?

ブログを書き出して、急に一週間が早く感じるようになりました。
デザイン企画の三好です。

秋を感じる風が吹いてきたと思ったら、続々とカメラの新機種発表されてますね。

ユリシーズでは、発売の発表と共に
社長から「今度はこれやるぞー!」と開発の発表があります。

今度はどんなカメラでしょうか?新しいカメラが届くのが楽しみです。

それとは別に、長い間開発していて、いまだに形になっていない開発中のカメラポーチを本日はご紹介します。

今日、ぼんやりの輪郭が見えてきたぐらいなので、
「もしかしてこのままボツになったりしないかしら?」
と少し心配していましたら、

社長から「もしもボツ商品でも公開して良い」
とお許しが出ましたので、公開することにしました。

P9150227.jpg

今まで作った試作を積み上げてみました。(これを撮った後、倒れました)

このカメラポーチは、ネーミングとコンセプトから決まって走り出した商品です。

その名も、「クッシーノ」

ご想像の通り、そのまま「クッション・枕」という意味です。

「クッションみたいに肌触り良くふわふわ」

「クッションみたいにシンプルな形」

「カメラにジャストフィットのサイズ」

「サッと入れて、サッと取り出せる」

「大切なカメラにも快眠してもらいたい!」

というコンセプトです。

「快眠してもらいたい!」の部分は、勝手に私が付け加えました。

試作を作っては、あーでもないこーでもないと、カメラを入れたり出したり、
糸を解いたり、切ったり、縫い目を付け加えてみたり・・・。

ポケットの付け方で、半日社長と戦った時もありました。
シンプルなデザイン程難しく、フタのラインも何回デザイン変更したことでしょうか?
もう見るも無残な姿をし、哀愁漂う試作達。

P9150230.jpg

この試行錯誤を何度も何度も繰り返し

「よし!!これで決定!!」

と、工房に試作を頼んでみたものの・・・

やはり出来上がりに納得がいかず。

また、大幅にデザイン変更。デザインの練り直し。

「よし!!今度こそこれに決定!!」

と、今そんなところであります。

はたして、想像通りにできますでしょうか?

できそうです!できるはず!できますように!

それでは、また。

  • 拍手! (0)

RX100M3ボディスーツとミニチュアの…?

こんにちは、スタッフの森です。

今日は多くの新作カメラとレンズが発表されていて、
気になるニュースが目白押しだったにも関わらず、

会社のPCを新しく買いなおして、データ引っ越し作業に追われていた私です。

D750…dp1 Quattro…いいですねぇ。

そんな大型発表の中、ユリシーズからも新作発表があります。

本日、ソニーのRX100M3用ボディスーツを販売開始いたしました!

SONY RX100M3 BODY SUIT(ソニー RX100M3用本革カメラケース)

装着してみると、革の表情がよく映えて、

また一段とかっこいい(かわいい?)ルックスになりますよ。

それと、RX100M3は、もともとボディが小さい上に、
つるつるしてグリップも無いので握りにくかったのですが、

今回のボディスーツは
それをきちんと解消できるように
練りに練ったグリップを付けています。

大きさ、位置、角度など、
あーでもないこーでもないと

社内でディスカッションを重ねた
自信アリのグリップです!

ぜひお試しいただければと思います。

さて話は変わりますが、先日こんなものをいただきまして。

blog20140912a.jpg

ガチャガチャだと…!?

blog20140912b.jpg

まさかのミニチュアX-T1!

しかもレンズが取り付け可能。

blog20140912c.jpg

さらに、本物のカメラのホットシューに装着可能。笑

blog20140912d.jpg

なんでX100なんだよ、そこはX-T1だろう。
という突っ込みはご遠慮下さい。

ちょうど手元にX-T1がなかったもので…。

富士フイルム ミニチュアカメラコレクション

しかしこれ、もっと他のメーカーのカメラとか
レンズが揃ってたら、すごく魅力的なんですが!!
無駄に集めちゃいそうで恐ろしいです。

ぜひ会社帰りにでも、お近くの
ガチャガチャコーナーへお立ち寄り下さいませ\(^o^)/

  • 拍手! (0)

デジタル世紀の銘機 ・ 01 『CONTAX SL300R T*』・

店長のエンゾーです。
先週の水曜日は僕がブログの当番だったのですが、出張先で更新できず、三回目にしてすっ飛ばしてしまいました。
「毎回更新するぞ!」
と猛スピードでジャンプ台を飛び出しながら、絵に描いたような美しい放物線を描いて落下する三日坊主です。
飛型点なら満点でしょう。その上、日曜まで福岡に帰ってこなかったため、オフィスでは

モリ :  「これはつまり、俺たちも更新をサボっていいというフラグ?」 ヒソヒソ・・・

ミヨシ : 「そうに違いないですよね」 ヒソヒソ・・・

などという不埒な囁きが交わされていたとかいないとか。

さてところで。
今日から不定期で、店主エンゾーが独断と偏見で選ぶ、デジタル時代の銘機をご紹介していきたいと思います。なぜ急にこんなことを思いついたかというと、移り変わりの早いデジタルカメラの中には、忘れ去られるには惜しい「良いカメラ」があることを常々感じていたからです。いわば個人的な備忘録ですね。
完全に好みの問題であり、選出の基準は適当です。強いて言えば、性能ではなく「デザインとコンセプトの良さ」を優先するかと思います。

で、栄えあるトップバッターは、今はなきコンタックスのコンパクトカメラ「SL300R T*」です。

銀塩をリアルタイムで使い倒していた世代であればお分かりのように、コンタックスは直線を基調としたシンプルなデザインを旨とするブランドでした。その伝統はこのカメラにも受け継がれ、畳んでいる時には四角い名刺入れのようなスッキリとした形状になっています。

また、表側はポリウレタンではなく天然皮革で覆われ(今では考えられない仕様ですね)、ボディの素材はチタンを採用、レンズはT*コーティングのツァイスレンズをおごるなど、良い意味でバブルの面影を引きずるような、持つ喜びのある贅沢なカメラでした。

言うなれば、これはカメラというより「記録するためのステーショナリー」だったと思います。

このカメラの最大の特徴は、ご覧のとおり、ボディが中程からくるりと回転して、レンズ部とモニター部が別々の角度に出来るところです。俗に言う「スイベル(Swivel)式」というやつですね。ニコンのクールピクスシリーズのハイエンド機など、デジカメ黎明期にはよくあったデザインです。

薄型ボディにズームレンズ群を詰め込む場合、通常は光学系を屈折させなければなりませんが、このスイベル式であれば、そういう無理をしなくていいという点で理にかなっています。実用面でも、右側と左側でボディが90度ねじれているため、薄型であるにもかかわらず左手でしっかりつかめてホールド感が良く、使いやすい形状でした。

また、ローアングルやハイアングル、自撮りのしやすさという点で言えば、いま主流のチルトアップモニターよりも直感的で優れていると思います。

ちなみに、当時ユーザーだったエンゾーの過去のブログには、次のような記述があります。

『発色やシャープネスはなかなか良いが、ディストーションが目立ち、白飛びも盛大だ。(中略)
暗いところでAFがまったく合わないのは、このクラスのカメラだから仕方がないとしても、バッテリーの持ちの悪さはかなり辛い。フラッシュを多用しようものなら、ものの20枚も撮らないうちにバッテリーマークが点滅し始め、ほどなく電源が落ちてしまう。すさまじい大食いカメラである。50球肩のリリーフエースのようなものか。』

確かに、お世辞にもレスポンスのいいカメラではありませんでしたが、それを補って余りあるほどの「ワクワクする」カメラでした。当時の技術水準では性能がコンセプトに追い付いていなかったのが残念な限りで、ぜひ、現代の最先端技術で復活して欲しいデザインですが、スマホとの差別化に追われ、撮像素子の大型化が最優先事項になっている今では、なかなか望むべくもありません。

ともあれ、このような個性的なカメラが次々に登場していた時代は面白かったなあと今でも懐かしく思い出される、2003年のカメラです。『十年一昔』ですね。

 

  • 拍手! (7)

新商品の名付け

こんにちは、デザイン企画の三好です。

今日は、前回ご紹介した新商品「ハンドストラップ」の名前を発表しようと思います。

IMGP9427.jpg

いつも、新商品の名前は社長が考えていて、
新商品の開発中や早い時にはアイディアが浮かぶと同時に

社長「名前決まったよ!!」

スタッフ一同「いいですね~!!」

決定!!

と、スムーズに決まるのですが今回はとにかく時間がかかりました。

毎週の定期会議で、「ハンドストラップの名前そろそろ決めましょうかね~?」と議題にあがっては行き詰まり、
会議の書類に毎回「ハンドストラップの名前・・・」と小さく書かれた文字を見ると切なくなり胸を痛めました。

そして数ヶ月が過ぎ・・・

「今回はスタッフ全員で決めましょう。」

ということになりました。

社長 「この商品を見て何をイメージするか?」

との問いに、

「カメラとの一体感」「安心感」「カメラとつなぐもの」「カメラの相棒」
「レトロな武器っぽい」「アルチェーレが弓を射るものだからこれは・・・」
「強そう」「戦えそう」「シャキ-ンって感じ」・・・・などなど。

これらの言語を変えて考えては見たものの、響きがイメージと合わず
またまたピンときませんでした。

そうしてなんだかんだと、とっても時間かけてたどり着いたのが・・・

アルチェーレグランデ

略して、

アルグラ

です。

実は社長が悩んでいる初期の頃に、「アルチェーレグランデ!!なんちゃって!!」
と、おっしゃっていたんです。

もう、なんちゃって!!じゃなくて、まじめにアルチェーレグランデに決定しました。

探し物を散々探した挙句に、いつもの場所にちゃんと置いてた時のあれです。

アルチェーレは、弊社の売れ筋の商品名で、グランデは、イタリア語で大きいという意味です。

d.jpg      e.jpg
       アルチェーレ                  アルチェーレグランデ(アルグラ)

どうでしょうか?覚えやすいでしょうか?

アルグラ

です。

よろしくお願いします。

IMGP9188.jpg
↑アルグラの下部が個人的に好きです。

※発売日はまだ未定です。ごめんなさい。

  • 拍手! (0)

休みが取れたら行きたい場所 #1(アメリカNY)

こんにちは、スタッフの森です。

とりあえず今週は平和でしたので、
私のランチの写真でも貼ろうかと思いましたが、

社会人として空気を読み、それはやめておきました。

代わりに、全くULYSSESとは関係ない(いや関係ある?)のですが、

個人的に行ってみたい、または行ったことがある旅先の紹介をしようかなと思います。

有給消化もままならない国ニッポン。
旅行をするにも時間の確保がなかなか難しいと思いますが、

「久しぶりに旅行してみようかな」
「写真撮りたいな」

といったきっかけになればと思い、
書いてみます。

第一弾の今回はこちら。

ニューヨーク
New York Minute

“New York Minute” by Fablo

ベタベタ王道で恐縮ですが、個人的に大好きな街なのでお許しを。

実際に旅行してみると、

とても素晴らしかったけど
一度行ったからもういいかな

という場所も中にはあるのですが、
ニューヨークはまた是非訪れたいと思える場所のひとつです。

ニューヨークを一言で表すと、
ザ・都会!ですが、

決してゴミゴミした感じではなくて、
華やかさを感じさせる場所と
どこか下町風情のようなものを残す
場所が混在しています。

ハリウッド映画や海外ドラマなどの
影響もあると思いますが、個人的には、
街歩きだけでかなり楽しめる場所です。

parked cars on Joralemon Street, Brooklyn Heights, New York

“parked cars on Joralemon Street, Brooklyn Heights, New York” by Steve Minor

stoops, 200 block of Hicks Street, Brooklyn Heights, New York

“stoops, 200 block of Hicks Street, Brooklyn Heights, New York” by Steve Minor

times square

“times square” by Tony Shi

new york manhattan

“new york manhattan” by Mohamed Majki

疲れたらセントラルパークで一休みするのもいいですね。
Central Park

“Central Park” by Frank Koehntopp

ついでにベーグルはいかがでしょうか。
Breakfast, mmmmmm

“Breakfast, mmmmmm” by spencerdallen

ニューヨークの有名店のベーグルは最高ですのでぜひご賞味を。

クロナッツ(クロワッサン+ドーナツ)も大流行しましたよね。
Cronuts

“Cronuts” by Robyn Lee

オリジナルは、ドミニク・アンセル・ベーカリーというお店です。
私は本場のものを食べたことがありません(´;ω;`)ブワッ

夜はオイスターバーなんかもおすすめです。
IMG_4630

“IMG_4630” by Lunani

ところで今一番ホットな話題といえば、
テニスのUSオープンで錦織圭選手が
ベスト4に進出したことですが、

そのUSオープンは実はニューヨークで行われています。

場所はマンハッタンから電車で40分ぐらいのところにあるUSTAナショナル・テニス・センターで行われています。
(クイーンズのフラッシング・メドウズ・コロナ・パークという公園内)

Arthur Ashe Stadium

“Arthur Ashe Stadium” by JTheartsPics

ニューヨーク行ってテニスを観ようという発想は今までなかったですが、
錦織選手の活躍をみていると、次行くときはその時期に合わせてみるのも面白そうだなと思いました。

他にも野球ならヤンキーススタジアム、バスケットならマディソンスクエアガーデン等、
スポーツ観戦の場所と機会は充実しています。

そのほか、美術館めぐりもいいですし、
音楽だったら有名アーティストのライヴがあちこちで行われています。
定番ですがブロードウェイでミュージカル鑑賞もいいですね。

あと、冬にロックフェラーセンターにアイススケートリンクが登場しますが、
何とここは(5分間ぐらい?)貸切ができます。

プロポーズを考えていらっしゃる方、彼女へのサプライズとしていかがでしょうか?
Icy Proposal

“Icy Proposal” by Tatyana Kildisheva

見ようと思えばわりと何でもあるので、
結局一回では周りきれないのですが、
滞在日数は3日~1週間あると良いと思います。

もちろんもっと取れれば私はもっと長く居ます!

気になるお値段の方は、

ニューヨークまでの航空券が今の時期で
往復10万円~ぐらいのようです。

為替にもよると思いますが、
安い時期なら8万円ぐらいで行けるかもしれません。
いずれにせよ、問題はお休みが取れるかどうかですね…。

また次回は別の場所を紹介したいと思います!

  • 拍手! (0)