サブカメラというもの

皆さんは、メインで使っているカメラの他に、サブとして使うカメラをお持ちでしょうか。いえ、カメラなんて一台あれば十分だとは思うんですが、例えば一眼レフを持っていたとしても、四六時中持ち歩くわけではないので、ちょっとそこまで散歩するときに、お供としてバッグやポケットに忍ばせるのは、もっと気軽に撮れる小さなカメラだったりします。・・・しますよね。しませんか?

え~。で、一昔前まではコンパクトカメラあたりがこれに該当していたのですが、スマートフォンのカメラの写りがどんどん綺麗になって、かつ、SNSに画像をアップする人が増えて以来、WEB上での画像共有に手間がかかるコンデジは、ずいぶん存在感が薄くなりました。センサーサイズにこだわるカメラフェチとしては寂しい限りですが・・・。

センサーサイズといえば、いわゆる「高級コンデジ」のセンサーは、近年どんどん大型化してきました。当初、このジャンルではリコーのGRシリーズやパナソニックのLXシリーズなどに代表されるように、永らく1/1.7インチが主流でした。が、スマホの高性能化によりコンデジのシェアが急落し始めるのと時を同じくして、各社は差別化のために、1インチや1.5インチ、APS-Cサイズとこぞって大型化に走り、ついにはフルサイズのものまで現れました。

今この瞬間にエンゾーが「メモカメラとして美味しい」と思う機種はどれかというと、実は上記のジャンルでは最もセンサーサイズが小さい部類に入る、オリンパスのXZ-2だったりします。

エンゾーがメモカメラに求める要件は、重視する順に次の通りです。
1. 最短撮影距離が、ワイド端だけでなくズーム全域で短い
2. 28mmから100mm程度までをカバーしている
3. そこそこ明るいレンズ

特に条件「1」を満たすものは非常に少なく、現状ではRX100 IIIもしくはXZ-2(と、そのOEMモデル)くらいしかありません。ことに、XZ-2は望遠端でも20cmまで寄れ、他機種と比べ圧倒的に近接撮影に強いという特徴を持っています。日常でも旅先でも、テーブルフォトを撮る機会が非常に多いエンゾーにとって、ディストーションが発生しにくい望遠端(112mm)で寄ることが出来る能力は、多少のセンサーサイズの差には代えられない魅力があります。ピーカンの屋外で液晶が見えにくい時は外付けEVFも使えますし、チルトアップモニターも備えていて、死角がありません。

そういうわけで目下のところ、個人的「メモカメラNo.1」は、オリンパスのXZ-2なのでした。逆光には決して強くないし、解像度もISO400から目立って落ちはじめますが、それでもなお、なかなかこれに替わる銘機は現れていません。

  • 拍手! (1)

間もなく登場!

長らくお待たせしておりましたが、来週あたりに、ようやくX-T1用ボディスーツの販売を開始できそうです。

ユリシーズのボディスーツは、保護性能とデザインを両立するという観点から、「可能な限りカメラを革で覆う面積を広くすること」を最優先にして設計されています。
その点、X-T1は「チルトアップモニターを採用している」「バッテリー室の蓋が大きい」「バッテリースペースとSDカードの挿入口が異なる」という、革ケースの開口部を増やさなければならない要素が全て揃っているため、ボディスーツを作るのがこの上なく難儀なカメラです。全部を欲張ろうとすると、強度に乏しいヘナヘナなケースになるか、もしくはプラスティック成型の鎧のようなカバーにならざるを得ず、何を優先して何を捨てるかの線引きが非常に悩ましかったです。

結果、今回は「革で覆う面積」「チルトアップモニターの可動域を妨げないこと」「三脚と併用可能であること」の3点を優先することにしました。もともとX-T1自体が古き良き一眼レフ風デザインなので、やはりボディスーツのようなレザーケースが非常に良く似合います。
ミラーレス一眼は、ミラーボックスのあるデジタル一眼レフよりもボディの厚みをずいぶん薄く作れるようになりましたが、時代をさかのぼって比較すると、古い銀塩の一眼レフとちょうど同じくらいのボディ厚なんですよね。そういうところも、ケースが似合う一因なのかなと思いました。l

  • 拍手! (0)

ライカM Type 240用ボディスーツ、このへんまで来ました。

ライカのボディスーツを作り始めて、既に3ヶ月が経過しました。その間、完成サンプル(一部分だけでなくパーツを全部を組み上げたもの)だけでも4回作り直しています。また、グリップ部を立体的に盛り上がらせる「絞り加工」のために必要な金型も、仕様変更に伴い製作し直しました。

目立った改良点としては、まずホックの位置が変わっています。最初は、軍艦部の両肩部分にある脱落防止用のホックのアームを、左右ともカメラの前方から後方に向かって伸ばしていたのですが、これだとデザイン的にはスッキリするものの、カメラを構えた際、シャッターを押す右手人差指の腹にホックが食い込みグリップ感が悪化することが分かったので、右手側だけ、アームの伸びる方向を前後逆にすることにしました。

(改良前)

(改良後)

グリップは、当初ボリューム感がありましたが、元々ボディがかなり肉厚なM型ライカには、幅の広いグリップはそれほど必要ではありません。むしろ、きちんと指が掛かるだけの高さと角度が確保されているかどうかや、ユーザーの手の大小にかかわらず「グリップに握らされている感がなく自然に握れること」の方が重要なので、その点を考慮しながら形状を煮詰めていった結果、最終的にかなりスリムなデザインに落ち着きました。

細かいことですが、革の絞りという技術はかなり難易度が高く、普通は対象となる革の端ではなく中央部分を変形させます。が、今回は作り方を工夫することによって、グリップ部の下端をボディスーツの底面とほぼツライチにすることが出来ました。そのかわり、この形状に加工するために時間を二日間要しますが・・・。

次は、同じ精度で量産できるかどうかを検証する段階に進みます。

  • 拍手! (0)

富士フイルム直営店『Wonder Photo Shop』に、いいものアリマス。

ちょっと東京ローカルなお話になりますが。

今年2月、原宿に、全国初となる富士フイルムの直営店『Wonder Photo Shop(ワンダーフォトショップ)』がオープンしました。フィルム全盛期に日本中にあったフジの看板を掲げたミニラボは、実は全て代理店であり、直営店は存在しなかったんですね。かなり意外でした。

ところで先日、わけあって、その直営店にお邪魔しました。

JR山手線原宿駅から徒歩6分という好立地にある路面店で、週末ともなると周辺の道路は大変なにぎわいです。ワンダーフォトショップは、主に「プリントと写真関連雑貨のお店」ということになっています。

店内はオシャレなカフェのようなしつらえで、若い女性客を強く意識した作りになっています。エンゾーは完全にターゲットから外れた存在でしたが、スタッフの皆さんが大変フレンドリーに接して頂き、居心地のよい空間でした。

こちらが店長さん。いい笑顔です! 背後のナチュラルテイストな棚には、ところ狭しとオシャレな写真雑貨が並んでいます。フジだけに、チェキがフルラインナップで揃っているのが感動的でした。

その中に混じって、ユリシーズの製品もあったりします(笑)。特にストラップ関連が充実しています。

さらに、X100S用のボディスーツもショーケースの中に鎮座していたりして。
(近い将来、ここにはX-T1用のボディスーツも並ぶ予定です)

で、ここからが本題。
実は、富士フイルムとユリシーズ、密かにコラボ商品を開発しておりました。
お題はズバリ、「Xシリーズに似合うストラップ」。
そこで白羽の矢が立ったのが、ユリシーズでも大人気のリストストラップ・アルチェーレです。この通常モデルをベースにして、太い方のベルトループ部に「X」の文字をあしらい、細いベルトループと裏地をオリジナルカラーに変更した特別なアルチェーレを作りました。

カラーは「チョコ&グリーン」と「ブラック&レッド」の二色展開です。

これ、ワンダーフォトショップでしか購入できません。しかも、数量限定で売り切りじまいです。フジさんから追加発注でも来ない限り終了ですので、「他の人とかぶらないアルチェーレが欲しい!」という方は、ぜひお急ぎお買い求め下さい。店頭で

「ユリシーズのXシリーズ専用アルチェーレ下さい!」

と声をかけると、店長が「ニヤリ」と笑って出してくれるはずです。

おまけカット。

店長、一瞬仕事を忘れてませんか!?(笑)

  • 拍手! (2)

いわゆる、花見というもの

ユリシーズがある当地・福岡では、今年は桜が見事で、しかも珍しく満開の時分に強い雨や風がなかったことから、例年より若干長く花を楽しむことが出来ました。

で、先日の通勤途中、あまりにも桜がきれいだったので、「だめだ、辛抱できん!今日は花見だ!」と思い立ち、昼休みを利用してスタッフ全員で近くの公園とお寺を回り、アルコール無しの「弾丸花見ランチ」を敢行しました。

ちなみに、中洲のすぐ隣に位置する冷泉公園で、ユリシーズのストラップ(オリーブ色のスリングショット)を付けたニコンEMを首から下げた女性に偶然お会いしました。EMは大好きなカメラのひとつで、長く愛用していたので、そんな思い入れの深いカメラとのコンビでストラップを使って頂いていて、とても嬉しく思いました。

(デザイナー・めぐめぐが撮った、『妙にシンクロする受注担当モリリンとエンゾー』の図。)

  • 拍手! (0)

富士フイルム『X-T1用ボディスーツ』開発中です!

ただいま、こんなものを製作中です。

やっぱり、こういうオーソドックスな一眼レフスタイルのカメラには、革のケースが本当によく似合います。
なお、T-X1に関してはフルカバータイプは作らず、チルトアップモニターを生かすオープンタイプのみを製作予定です。

  • 拍手! (0)

二兎を追う。

α7用ボディスーツ、そろそろリリースが見えてきました。背面のチルトアップモニターを生かすか殺すかについて、皆さまからお寄せ頂きました様々なご意見をもとに社内で検討した結果・・・、「フルカバータイプ」と「オープンタイプ」を両方とも作ってしまうことにしました!

フロントマスクのデザインは、両タイプとも共通です。極力シンプルなラインにしてあります。海外で「戦車」とか「装甲車」と評される兵器っぽさが、ボディスーツを着せると少し和らぐ感じですね。この画像は厳密に言うとフルカバータイプのもので、スーツの右側に見えているのは充電ポート用の切り欠きになります。

逆サイドから。グリップ周りはかなりタイトに作ってあります。正直、三脚ネジを利用してネジ止めしなくても、少々のことでは抜け落ちないくらいのクリアランスを目指しました。

両タイプで大きく違うのが、背面です。フルタイプは、潔くチルトアップモニターを忘れることにしたので、従来型の「ボディスーツらしいボディスーツ」になっています。ファンクションボタンは、例によって面圧で押す方式となります(まだ試作段階なので、マーキングはされておりません)

一方こちらは、ユリシーズ初となるフルオープンタイプ!充電ポートの部分が開いているのは同じですが、支えが無いためにアルミ板を入れて形状をキープできるようにしています。
一番悩んだのが、モニターの可動域をどう設定するかでした。最初の段階では、底面をまっすぐな形状にしていたので、チルトアップモニターは下方向には開かず、上に跳ね上げるのみという、かなり制限付きの設計になっていました。

そこを、工場の熟練試作師さんが長年培った技術力で乗り切ってくれ、三脚ネジの穴をギリギリで回避しながら底板を切り欠いて細くすることにして、モニターは上下どちらにも問題もなく動くようになりました。

今回、両機ともに共通するのは、「バッテリーの充電は充電器ではなく本体内充電を利用し、画像データの抜き取りもケーブルを通して行うことを推奨する仕様」であるというところです。一日のうちに複数のバッテリーを使ったり、SDカードを他のカメラにも使い回したりする場合は、ボディスーツを取りはずすことになります。

製作は最終段階に差し掛かっており、まず先にオープンタイプからのリリースとなりそうです(2月末~3月初頭を予定しております)。

  • 拍手! (0)

なぜ今、ライカにケースを作るのか

店長エンゾーです。

以前予告していた、ライカのボディスーツ、密かに水面下で試行錯誤が続いておりましたが、ようやく最初のサンプルが上がってきました。
ライカと言えば、「クラシカル」「ノスタルジック」などと表現されることが多いですが、M型ライカは実はどちらでもなく、あえて言えば「変わらない」カメラだなあと思います。

例えば服のデザインの流行が十数年周期で繰り返されるように、プロダクトもまた最新のものが常に最良ではなく、波のようなうねりがあり、「この製品はこの時代のデザインが一番好きだなあ」というようなピークを見出すことが出来ます。
僕にとって、カメラのジャンルで一つのピークを作っているのがライカであり、これだけ変化が早く、またそうあることを顧客や株主から強く求められる世の中で、それをのらりくらりと躱しながらデザインの文法をむやみに変えず、いまだに大切にしているライカ社のモノづくりは、ユリシーズがそうありたいと思う姿勢でもあります。

(本音の本音を言えば、ライカにはゆったりとした撮影テンポが似合うので、デジタルの時代になっても、巻き上げレバーはシャッターチャージの目的で残しておいて欲しかったなあと思うのですが、それはもう懐古趣味と言われても仕方がありませんね(笑)。)

そんなライカにリスペクトを込めて、ユリシーズもボディスーツを作ることにしたのでした。

【意外と難物】
デジタルの時代になって、ライカは銀塩の頃のフォルムより「かなり」分厚くなってしまったので、正直、持ちにくさが倍増しました。そこをなんとかしたかったので、グリップを設けることは絶対条件でした。今までなら、ボディスーツのグリップはすべて後付けで、ケースの上から別パーツで縫い付けてきました。その方が作りやすいのと、無骨なユリシーズのデザインに合っているからです。

しかし、ことライカに関しては、どうもその方法で取り付けるグリップが似合いません。そこで、今回は今までやったことがなかった「絞り加工」によるグリップに挑戦してみることにしました。絞り加工とは、革を水に濡らしで柔らかくした上で、雄型と雌型の間にはさみ、熱をかけながら加圧して立体的に成型する技法です。

ユリシーズの定番素材であるベジタブルタンニンドレザー「プエブロ」は、豊富にオイルを含んでいるため、わりと絞り加工にも向いています。そこでまずは、どの程度の負荷をかけた時に破れるのか、変形の度合いはどのくらいか、加熱と圧迫によって風合いにどのような変化が起こるかなどを調べました。

その結果、少々無茶をしてもイケることが分かったので(笑)、いつものように芯材に木材を封入して、カチッとした握りやすいグリップを型押しで起こしてみました。まだファーストサンプルなので細かいところでアラがあり、特に右手側のホックが、握った時に人差し指に食い込むことが分かったので、セカンドサンプルでは、ボタンの位置を変更する予定です。
(つづく)

  • 拍手! (2)

隠すかどうか、それが問題だ。

既報の通り、ユリシーズではSONYの新型ミラーレス一眼「α7」および「α7R」用にボディースーツの開発をはじめましたが、いきなりのっけから難題に直面しております。それは、α7の特殊な形状に対し、どのようなボディスーツを作るのが最も理想的か、というものです。

前面はそれほど難しくないのですが、問題は背面。

システム担当M君、デザイン担当Sさん、店長エンゾーとの間で、ああでもないこうでもないと熱い議論が展開されました。

Mくん: 「社長、素朴な質問してもいいですか?」

エンゾー:「なになに、いきなり(^_^;)」

Mくん: 「α7って、EVFとチルトアップモニターがついてるところが、RX1と違うじゃないですか」

エンゾー:「そうだね」

Mくん: 「僕は一眼レフ派なので、ぶっちゃけ、自分だったらEVFばっかり使って、背面の液晶は
      画像の確認や設定の変更以外には使わないと思うんですよ。だから、チルトアップ
      しなくていいんです。それより、できるだけ隅々までケースでガードして欲しいん
      ですけど・・・そういうのはダメなんでしょうか」

エンゾー:「あ~、なるほど。つまり、チルトアップ機構を捨ててでも、フルカバータイプの
      ボディスーツにした方がいいんじゃないか、っていう意味ね」

Sさん: 「えー?でも以前、うちがOM-Dのボディスーツで、チルトアップ機構が使えないような
     デザインにした時には、『せっかくだから、動くようにして欲しかった!』という
     ご意見も少なくなかったですよ?」

Mくん: 「まあそうなんですけど。でも、背面がガバっと開いたデザインって、今までの
     ユリシーズのボディスーツではなかったタイプですよね。ちょっとイメージわかない
     というか・・・」

Sさん: 「α7は、バッテリー室とSDカードのスロットが別々になっている上に、蓋の形状が
     ちょっと特殊なので、ボディスーツの底面に扉を作ってバッテリーを取り出せるように
     することは、今回は残念ながら出来ません」

Mくん: 「そうすると、ますますボディスーツの存在意義が問われるモデルってことですね」

エンゾー:「う~ん、どうしたもんかなあ~・・・」

というわけで、スタッフ一同、かなり真剣に悩んでおります。

フルカバードタイプにして、モニターは固定式にしてしまうか。
それともオープンタイプにして、モニターの自由度を再優先するか。

みなさんなら、どちらがお好みですか?

  • 拍手! (0)

Leica M Type 240

前回のわざとらしい終わり方から、引き続いてのネタは「ライカ」です。実はα7と前後して、ライカのType 240も入手しておりました。
目的は2つ。ひとつはもちろん、ボディスーツ製作のため。もう一つは…まだ図面にすらなってないので、公開できません(^_^;)。ただ、「ケースのたぐいではない」とだけ申し上げておきます。最低限の形が出来てきましたら、またこちらで報告していきたいと思います。

わたくしことエンゾーは、もう長いこと銀塩ライカのファンでしたので、M8でデジタルに置き換わり、巻き上げレバーもなくなり驚くほど分厚くなったその姿を見て、「ああ、もうあの美しかったライカの時代は完全に終わったんだな…」と軽い絶望感を味わったものです。

しかし、先入観をとりあえず脇に置いて手にとって見ると、最新の「M」は、巻き上げレバーがなくても採光窓がLEDになっても、やっぱり「ライカ」でした。ただし、スタッフはレンジファインダーにまったく馴染みがないので、怖がって触りたがりませんが…(^_^;)

で、思いつくままに書き起こしてみたフロントのデザインが、この4パターン。

いかがでしょうか、どのタイプがお好みですか?

  • 拍手! (0)