1寸の金具にも5分の魂

常に新しいデザインのアイデアと改良案がぐるぐると渦巻いているユリシーズ。
最近、温かい日が続いたこともあり、頭もヒートアップしているデザイン企画の佐藤です。

今日は注文していた金具(カシメ)のサンプルが届きました。ストラップの試作に使うつもりです。

shiitakel.jpg

以前の試作で使った金具はこちら。

shiitakes.jpg

あら、逆さまキノコが縮んでる風・・・。

ほんの僅かな差ですが、今日届いたカシメは「足」と呼ばれる部分が2mm長いものです。
ストラップの改良中に革の厚さを変えて厚く丈夫にしたところ、手元のカシメではきちんと留められないことが分かったので新たなカシメを取り寄せていました。

こんな風に使う予定です。

akasabi.jpg

この金具、よく見ると表面にザラザラとした模様があります。これは 【赤錆メッキ】という面白い風合いの出る加工がされているからなんです。 

最初から金具一つ一つに個性があるのはもちろん、長く使っていると少しずつ赤錆部分が取れていきます。模様の赤茶色と銀色の部分の割合が変わることで、また違った表情を持つんです。ユリシーズの使用する革と同じく、自分だけのものに育っていく楽しみが持てる金具ではないでしょうか。

ユリシーズ製品を使う楽しみをさらにプラスする為に、(パっと見るとちょっとした部分かもしれない)小さな金具にまでとことんこだわりたいんです!

オリジナルの商品開発をするには、「あ、これいいかも!?」から「よし、販売をしよう!」というところへ辿り着くまで様々な試行錯誤をしていくわけですが、ユリシーズの商品にはどれも一筋縄ではいかないものが多く、満足のいく形になるまでに長くかかってしまう事もあります。皆さま本当にごめんなさい。

でも、決してノロノロと留まってはいません!

たとえその時は上手くまとまらなかったアイデアでも忘れてはいません!

(いつかまた改良を加えて復活することもあるんです)

毎日のように社長からニュルニュルと湧き出す新作商品のアイデアや改良案を受け止めつつ、商品開発は確実に進んでいます!!

ゴー!ゴー!ゴぉー!

  • 拍手! (0)