クラウドファンディング開催中!iPad使いのためのバッグ「DRIFT」

【開発者インタビュー】それでも カメララップ を選ぶ意味/六角形の カメララップ 「Hexa(ヘキサ)」

【開発者インタビュー】それでも カメララップ を選ぶ意味/六角形の カメララップ 「Hexa(ヘキサ)」
六角形の カメララップ Hexa(ヘキサ)

先日発売した六角形の カメララップ 「Hexa(ヘキサ)」。 カメララップ と言えば包んだカメラをバッグに入れて使われることが多いイメージですが、Hexa(ヘキサ)はそのまま首から下げて使うのを想定して作られています。使い勝手はもちろんのこと、洋服に合わせやすい素材やデザインにこだわって作ったという開発者のデザイナー三好さんとエンゾー店長に話を聞きました。

かけて歩きたい カメララップ

―カメララップ Hexa(ヘキサ)開発のきっかけを教えてください。

三好:シルバーコモド(※)を作ったとき、シルバーに合う生地を探していたらナイロンに出会いました。この生地でカメラが包まれていたら可愛いなぁと思ったのがきっかけでした。そういう、アパレルっぽい生地のカメララップってあまり見かけないなと思って。

※ULYSSES(ユリシーズ)の人気商品Lジップウォレット コモドの新色シルバーのこと
製品情報はこちら▶ Lジップウォレットコモド

―ナイロンとの出会いが始まりだったんですね。どんな人やどんなシーンを想定して作ったんですか?

三好:わたし自身がそんなカメララップが欲しくて、これを首から下げて出歩きたいなと思って作りました。そこで、エンゾー店長に相談したんです。カメララップを作りたいけど、カメララップって包みにくいっていうデメリットもありますよね、と。

エンゾー:カメララップの良いところは自由なところで、使い手が適当にやってもなんとか包めてしまう。ただ、ぐちゃっと包むか、きれいにカメラに添わせるかは本人次第なので、包んでしまった形は、汚くもきれいにもなるんです。

それがあまり好きじゃなくて、誰がやっても同じようにきれいに簡単に包めるものがあったら良いなぁと思いました。これまで僕にとってのカメララップは、単にキズ等からカメラを保護することのみが目的で、モノとして持つ喜びがあまりなかったんです。9:1の割合で実用重視のアイテムだと思っていました。だから、「かけて歩きたいもの」ではありませんでした。

―それを「かけて歩きたい」と思えるのが、今回作ったHexa(ヘキサ)?

三好:はい、生地にアパレル要素のある、見栄えのあるものを選びました。でも、ただそれだけじゃなくて、ULYSSESが作るなら、何か進化した、今までになかったカメララップを作りたいと思って。

そこで思いついたのが、袋状にした後ろの部分、カメラの液晶がおさまるところです。一般的なカメララップは、生地がもたついて、包む途中から緩んできたり、巻くのに時間がかかったりします。そこを今回のカメララップでは解決したかったんです。せっかく可愛い生地を使っても、巻いてぐちゃぐちゃになってしまっては意味がないので。

ラップ」である意味

―そうして「半分袋、半分風呂敷」の形が生まれたんですね。

エンゾー:はい、そこから三好さんとやりとりがあって、「簡単に型崩れしないってことは、それってもう袋じゃん!そこをあえて袋にせず、ラップにする意味って何?」という、葛藤がありました(笑)中途半端なものを作るくらいなら“袋”でいいんじゃないかと。袋というのはカメラポーチのようなもののことですね。

でも、ULYSSESにはすでに「チェッラ」というカメラポーチがあります。ただ、「チェッラ」で出てきた問題は、入れるカメラを選ぶというところ。“袋”だとどうしても大きさが最初から決まっていますから、対象となるカメラの機種が少なくなってしまいます。

ラップならもっと幅広いカメラとレンズを包めると。

エンゾー:はい、ラップにできて、袋では実現できない大きなポイントは、交換式のレンズに対応できるということ。長い望遠レンズなども柔軟に包んでくれる。ラップである意義ってそこにあるんですよね。そこを活かしつつ、袋のいいところも取り入れた製品があれば良いなと。

三好:そこで、ULYSSESのお客様の多くが使っていそうなカメラを、このようにリスト化してみました。もともと大小2サイズのカメララップを作ろうとしていたので、どのカメラまでが小さい方に入って、どのカメラからは大きい方に入る、という風に。

でも、調べているうちに分かってきたんです。ラップとカメラのフィット感を良くするには、カメラの背面部分のサイズが最も大事で、大きいカメラに合わせてしまえば、1サイズのカメララップですべて賄えると。

また、カメララップ全体のサイズは、どのくらいが畳んでいて気持ちが良いかに重点を置きました。最初はかなり大きなサイズで作っていたのですが、巻き心地や畳み心地を考慮して、ちまちま小さくしていった結果、最終的に今のサイズにたどり着きました。一般的なカメララップは正方形の布をななめに使うものが多いですが、実は、カメラを包むのに必要ない部分があります。いらないところをカットしていったら、今の六角形になりました。

デザインと機能を両立する素材と色

こうして六角形の カメララップ Hexa(ヘキサ)ができたんですね。生地へのこだわりは?

三好:丁度良い生地のかたさです。中に芯材を挟んで3枚構造になっています。表のナイロンが見た目を、中の芯材が折り目と保護を、裏地のマイクロスエードがカメラを優しく包む役割を担っています。

折り目がつくけどハリ感があって、でも柔らかい素材に仕上がりました。折り目がつかないことが、カメラを巻いたときにピシッと形が決まらない原因でもあったので、そこが解決されたと思います。巻きあがりの見た目がとてもきれいです。

そして、使わないときは小さく畳んで収納できるようにしました。カメラを包むことと小さく畳めることの2つの両立が難しかったですね。

―色はどのようにして選んだんですか?

三好:ちょっと大人っぽくて飽きがこない、服装にも合わせやすそうな3色を選びました。

服装に合わせてコーディネートできる、見せるためのカメララップなので。鞄の中に入れてもいいけど、ストラップを付けたカメラに巻いて、首から下げて、見せて欲しいです。

最近は、外に写真を撮りに行くことが減っている方もいらっしゃるかもしれませんが、Hexa(ヘキサ)と一緒にもう一度、眠っていたカメラを外に持ち出してもらえたら嬉しいです。

【編集後記】

カメラを手早く巻いて首から下げれば、コーディネートの一部になるHexa(ヘキサ)。ちょっとそこまで撮りに行きたいときは、他のバッグを持たずにHexa(ヘキサ)に包まれたカメラ1つで出かけても良いですね。しばらくカメラから離れていた方が、またカメラを使うきっかけになったら良いなと思います。

六角形のカメララップ「Hexa(ヘキサ)」商品ページ

ULYSSES(ユリシーズ)について

Photo Life Laboratory ULYSSES(フォトライフ・ラボラトリー・ユリシーズ)は、写真とカメラが身近にある生活を提案するメーカーです。 わたしたちは、次の4つを念頭に置いてものづくりをしています。

1.よく考える 使い手のことを深く考え、さらに使い手の想像を半歩超えるものを目指しています。

2.シンプルにする 不便の一歩手前まで要素を減らし、残ったものには、自然と「用の美」が備わっていると考えています。

3.気分が少し上がる 日々、それを使うたび、目にするたびに「これを選んでよかった」と思えるものを目指しています。

4.長く使える ずっと付き合っていきたいと思えるものに価値を感じています。

商品の話カテゴリの最新記事