リコーのカメラに想うこと

店長エンゾーです。

モノづくりをしていると、他の人が作ったものを見た時に、その人の考え方や嗜好が、なんとなく分かる瞬間があります。いや、もちろん「分かったような気になっただけ」ということもありえますが。

ユリシーズは・・・と言うより、エンゾーは個人的に、もう長いことリコーというメーカーの大ファンです。昔のブログ(私が間違っておりました)からお付き合いいただいている皆様ならよくご存知かと思いますが、とにかく好きなんです。GXRなどはべた褒めしていますし、ボディスーツも何タイプも作ってしまいました。

一方で、銀塩の時代から連綿と作り続けられている、文字通りリコーのフラッグシップ「GR」。このカメラも、変わらぬコンセプトが貫かれています。

これらのカメラにケースを作ろうと思った時に、ふと、気づいたことがありました。他のメーカーが作る、同じ「ハイエンドコンデジ」と呼ばれるジャンルのカメラにはない、リコーだけの特徴があるのです。それは、

「カメラのグリップ側ではない側面(向かって右側)が、まっ平らであること」。

そんなカメラ、珍しくないだろうと思われるかもしれません。が、よく見比べてみると、ありそうでないんです、そういう平らな部分を持ったカメラ。しかも、GRもGXRもそうなんです(変形ユニットのマウントA12を除く)。

他社の高級機の場合、側面自体は平らだったとしても、そこにアイレット(ストラップ取り付け口)が飛び出していることで、結果的に平らではなくなっています。が、リコーの場合、アイレットすらボディのコーナー部に埋没していて、しかも完全なコーナーの頂点ではなくトップカバー寄りにオフセットしているので、仮にそこにストラップを通しても、やっぱりまっ平らな状態を保てるようにできています。

一体、これは何を意味しているのでしょうか。

その理由に気づいた時、エンゾーは思わずニヤリとしてしまいました。
「開発者は、きっと無類のスナップ好きなんだろうな」と。

例えば、夕暮れ時や暗い室内など、光量が足りずにどうしてもスローシャッターを切らざるをえないときに、平らな側面をどこか柱や壁に押し付けたり、あるいは縦位置でテーブルの上に置いたりすることで、手ブレを抑え込むことが出来るようになっているんです。単純にして、効果絶大な仕掛け。

ポケットや小さなかばんに入れて肌身離さず持ち歩き、三脚すら不要で、24時間スナップしまくる。そんな使い方ができるように、このカメラたちはデザインされているのでした。

残念ながら、まだまだセンサーの性能向上に伸びしろがありすぎる時点で登場したGXRは、他社ライバル機の高感度性能やコントラストAFの精度・スピードがめざましく向上する中で、「センサーが刷新できない」という大きな欠点に泣き、不遇をかこちましたが、コンセプト自体は決して悪くなく、正直「早すぎた天才」だったように思います。

が、エンゾーにとって、常に携行したくなるカメラを愚直に作り続けているリコーは、いちファンとして、この先も心から応援していきたいメーカーなのでした。
 

  • 拍手! (5)

シュッとしたストラップ作ります。

こんにちは、デザイン企画の三好です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。
コメントやご質問メールまでいただき、本当に嬉しい限りです。

さて、現在ユリシーズでは、新ストラップの開発を進めています。
今日は、ブログでいち早くご紹介させていただこうと思います。

今回のストラップは、とにかく形がシンプルで美しい。

その名も、
「クラシコ・ドリット」

ドリット(Dritto)とは、イタリア語で「まっすぐな、ストレートな」という意味。

IMG_1925.jpg

ほれぼれするほど美しくシンプルな形のストラップです。
スタイリッシュでシュッとしたデザインに仕上がりました。
ライカにもよく似合います。

レザーはユリシーズらしく、イタリアの最高級ベジタブルタンニンなめしレザー「プエプロ」と「ミネルバ」を使用。
その上、デザインを重視して一枚革から切り出し、先端まで繋ぎ目が無いので、さらに贅沢です。

IMG_2500.jpg

そして、その兄弟の
「クラシコ・セルペンテ」
も作成中です。

セルペンテ(Serpente)は、イタリア語で「へび」。紐の部分がへびの舌先みたいなので、社長が名付けました。

DSC_2102.jpg

こちらはリコー GRなど、二点吊りが出来るコンパクトカメラに最適です。

DSC_2114.jpg

ユリシーズで最もオーソドックスなストラップであるクラシコの首当ての幅が16mmなのに対し、
この「クラシコ・ドリット」と「クラシコ・セルペンテ」は12mmと細め。

洋服のコーディネートの邪魔にならず、さりげなくカメラをかける事ができます。

現在2nd試作が出来上がり、もう少し改良したい部分があるので、発売まで今しばらくお待ちくださいませ。

待たせてばかりで申し訳ないです。よろしくお願いします。

それではまた。

追記。
アルパカ

  • 拍手! (0)

アルグラ&dp2 Quattroイメージ写真

こんにちは、スタッフの森です。

最近は、合間を見つけて先日モデル撮影をしてきた写真を
モニターに向かって現像作業していた森です。

これまで実はRAW現像には、日本が誇る「SILKYPIX」を使用していたのですが、
会社でアドビの「Lightroom」を使うようになった私です。

結構、使いやすいですね!
気に入って使っております\(^o^)/

(と言っても、まだまだ現像の腕は未熟です…撮影も…)

さて、デザイナーの三好がブログで紹介していた弊社の新製品、

blog20141002a.jpg

その名も「アルチェーレグランデ」、略して「アルグラ」ですが、
今日は装着イメージをいくつかお見せしたいと思います。

そもそも私が「ハンドストラップ作らないんですか?」などと
発言したがゆえに制作が始まった商品ですから、売れてくれなければ困る。

そう、これは宣伝です。笑

でも、わりと本気でおすすめできる出来栄えですから、ぜひご覧下さい。

まずは安定のブラック。
blog20141002b.jpg

人気のチョコレート。
blog20141002c.jpg

続いて帆布と革のコンビネーション。

お洒落なネイビー。
blog20141002d.jpg

明るい色合いでおすすめのブラウン。
blog20141002e.jpg

渋い!オリーブ×チョコレート(適当に言ってますけど、カラー名は未定です)
blog20141002g.jpg

そして、おまけ。

dp2 Quattroボディスーツを1枚。
blog20141002h.jpg

どちらも発売までもう少々お待ちを!

発売時期が決まり次第、改めて告知いたします。

  • 拍手! (0)

Relonch CameraはSNS時代のカメラの最適解になるか。

最近、一部社内で似顔絵作成マシーンだと思われている店長エンゾーです。

デザイナーの三好さん用にイラストを描いたら、「当然オマエも描くんだよな?」的な流れになったので、一応描きました。

先日、スタッフのモリ君がネタにしていた、来年リリースされる予定のiPhone用カメラユニット「Relonch Camera(リローンチカメラ?)」ですが、エンゾー的にもかなり注目しているプロダクトなので、ちょっと引っ張ってみたいと思います。

【超・本気なスペック】

まず、エンゾーのようなマニアの視点で見た時のセールスポイントは、センサーの巨大さでしょう。まさかのAPS-Cサイズ。これはもう立派な一眼クラスであり、銀塩換算45mmF2という大口径レンズと相まって、ボケを存分に楽しむことが出来そうです。

焦点距離に関しては好みがあるので意見が分かれそうですが、高級コンパクト界隈で定番化している24mmスタートのズームや28mmの単焦点と比較して、遠近感の誇張が目立たず映り込む情報も整理できる45mmは、人間がモノを見るときに近い自然な写りでスナップに適していると思います。

このスペックのレンズとセンサーで、どんな画像が撮れるでしょうか。それを検証するために、手持ちの機材を使って、まったく同じ換算焦点距離とF値で撮ったのが下の作例です。絞り開放だと、ご覧のとおり相当ボケを活かすことが出来ます。

ユリシーズには仕事柄、様々なカメラとレンズがストックされていますが、特にテクニックを駆使することなく、気軽にボケを再現するには、やはりAPS-Cサイズ以上のフォーマットが欲しいなと感じることが多いです。なので、Relonch Cameraの開発チームが、1インチでもM4/3でもなく、思い切ってAPS-Cサイズをフォーマットに選んだことは彗眼だなと思いました。

【どこが凄いのか】

このRelonch Cameraの強みは、

1.画像をSNSにUPする際、カメラからスマホを経由させるという手順を踏むことなく、ワンストップで完結すること
 (カメラ部とiPhoneが物理的につながっているため、Bluetoothなど通信によるペアリングも必要ない)

2.気合を入れた撮影の時はRelonch Cameraで、メモならiPhoneでと、使い分けできること

3.iPhoneが母艦であること

この三点だと思います。

「何でiPhoneようであることが強み?」と思われるかもしれませんが、これはエンゾーがiPhoneユーザーだから、というだけの話です(笑)。どういうことかというと、先日、Panasonicから発表されたアンドロイド携帯風味のコンデジ「LUMIX CM1」と比較しての

現状では、APS-Cクラスの機材で撮られた高品位な画像をSNS上にアップしようと思ったら、いったんWi-Fiでスマホにデータを転送するか、もしくはアダプターを介してSDカードからスマホやタブレットに画像データを移す必要がありましたが、いずれもダイレクト感や即時性に乏しく、「できるけど面倒」の域を出ませんでした。

ただ画像をWEB上にUPするだけならいいのですが、SNSでは、画像はほぼ確実に「コメントとセットで」UPされます。ここが一般的な画像アーカイブとの大きな違いです。

この製品のターゲットは、あくまでも「大きなセンサーと明るいレンズでしか撮れない本格的な画像をSNSにUPしたい人」。かつてFlickrが受け皿となっていたような、高品質で作品性の高い画像を、もっとカジュアルにWEB上で発信したい人向けです。

ただ、Flickrが「写真趣味にどっぷり浸かっているマニア向けの場」であったのに対し、日常の小ネタやメモ的な画像をコメント付きで気軽に投稿できるFacebookのようなSNSは、コアな写真ファンではない一般ユーザーのほうが圧倒的に多いわけで。
そういう開かれた場でも、ちょっといい画像を、気の利いたコメントとともに発信したいと思い始めた写真ファンの欲求の変化は、SNSがより濃密な自己表現の場へと変わりつつあることを感じさせます。

  • 拍手! (0)

RX100 M3のボディースーツの開発秘話。

arupaka.jpg

■社長に、似顔絵描いていただきました。■

アルパカ三好です。どうぞよろしくお願いします。

「ブログ用に、スタッフ全員分の似顔絵が欲しいです。欲しいです・・・」

と何度か、呪文のようにつぶやいていましたら、あら不思議。

社長自ら描いてくださいました。

きっと全員分描いてくださることでしょう。忙しいのに本当に恐縮です。
楽しみに待ってます。

さて本日は、
■RX100 M3のボディースーツについて■
ご紹介しようと思います。

RX100 M3 ユーザーの皆様、ユリシーズのボディースーツ見ていただけましたでしょうか?

IMG_2014.jpg

この商品で、一番時間がかかったのが「グリップの形」です。

このカメラ。ご存知の通りすごく小さいので、グリップを付けるスペースが限られているんです(泣)

これは、最初に紙と割り箸で作ったモックです。 何度かグリップを付け替えた傷跡有り、ヨレヨレ。
グリップの背が高すぎて持ちにくい。ボツ!!
P9290260.jpg
※現在M3が工房出張の為、M2で撮影してます。ボディースーツはM2には使えませんのでご注意ください

紙モックを作るたびに、手の大きなスタッフ・小さなスタッフ全員に握っていただきました。

そして、何度も数ミリ単位でグリップの位置を動かしたり、高さを変えて・・・

よし!!さて本番!!!↓

革で作った1stサンプルです。
P9290261.jpg
※現在M3が工房出張の為、M2で撮影してます。ボディースーツはM2には使えませんのでご注意ください。

これも、スタッフ全員で握りました。

それでも、まだ・・・納得いかない。

そして、2ndサンプル。3rdサンプルを経て・・・

ついに全員納得!

完成しました。
rx100m3 (2)

グリップの上部、斜めカットが心地良いんです!
rx100-013.jpg

是非ともお手にとって、グリップ感を味わっていただきたいです。

■RX100 M3ボディースーツに似合うストラップ■

このボディースーツに、ユリシーズストラップいろいろ付けてみました。

ユリシーズ王道のクラシコ
RX100M3.jpg

間違いないですね。似合います。素敵です。

そして、個人的におすすめなのが・・・
ユリシーズのすっきりピッコロ

fe.jpg

ボディースーツの両サイドには、クラシコでも入る幅の角カンが取り付けてありますが、
そこに、幅の狭いピッコロを取り付けることでサイドがよりすっきりし、スタイリッシュになりますね。

ピッコロって、ストラップの取り付け口の幅が狭いカメラの為だけでなく
すっきりしたい時にも最適ですね。

それでは、また。

  • 拍手! (1)

新しいカメラのカタチ

こんにちは、スタッフの森です。

唐突ですが、ソニーのカメラQX10、QX100

見た目、レンズだけのカメラということで、
発表された時はかなり驚きましたが、

先日、新たに、レンズ交換式タイプが発表されました。

もともとレンズだけ(といってもセンサー等も内蔵していますが)なのに
レンズが交換できるという、もはや私の理解力では対処できない次元になってきましたが、
頑張って世の中に追いついていこうと思う今日この頃です。

ところでこういったカメラが発売される裏には、多くの人が感じている、

・いい写真は撮りたいが、一眼レフは重い。大きい。
・撮った写真をSNSにアップしたいが、カメラ→スマホにデータを移すのが面倒。
・早い話が、スマホ1つでいい写真が取れれば助かるんだけど…

といった欲求、

早い話が世の中は、
わがままBOYS&GIRLSの集合体ということです。(はい?)

そんな折り、パナソニックから電撃発表されたのが「LUMIX CM1」です。

こちらは、デジカメとして販売されるようですが、実質スマホとも言えます。
(SIMフリーみたいです。)

スマホと見えても侮るなかれ、センサーが1インチ、レンズが28㎜ F.2.8という、
かなり本気のスペックで、なおかつ4K動画が撮れるとか。

正直、日常生活ではスマホとカメラの2台持ちは億劫などという
けしからん輩(つまり私です)にはとても魅力的です。

このあたりで、もう個人的にはおなか一杯になってきたので、
お風呂に入って寝ようと思っていたのですが、

そんな私をたたき起こしてくれたのが、
アメリカのRelonch社から発表された「Relonch Camera」です。

これは全く新しい、カメラケース型のカメラ。
iPhoneを差し込む!という斬新なスタイルのカメラです。

しかもセンサーがAPS-Cで、レンズが(35mm判換算で)45㎜ F2という本気度。

個人的にデザインも結構好きです。

なにより、

やっぱり iPhone で使えるとありがたいんだけど。

というわがままBOYこと私には最適です。

それぞれ違った良さがありますので、
どれを選ぶかはお好みによるところだと思いますが、
いずれにしても今後が楽しみな3機種です。

  • 拍手! (1)

恐るべし、SIGMA 50mmF1.4

万年寝不足店長のエンゾーです。

今週の月曜日は、ユリシーズ初となる、男性着用モデルの撮影日でした。
前回女性モデルを撮影した際には、EOS5D Mk2に純正のEF50mmF1.4USMを付けて撮影したのですが、どうもピリッとしない写りで、自分としては今ひとつ納得がいかない結果に終わりました。ホントは、画角の自由度が欲しい場面を想定してEF24-105mmF4Lも持って行っていたのですが、終ってみれば、50mmしか使わず。
バストショットが多くなる普通のポートレートと違い、商品込みで撮影する場合には画面内にモデルの全身や周囲の風景を入れることが多々あります。そうすると引きが取れない場所では85mmだと狭すぎるため、結局50mmの中庸な画角が重宝するわけです。

ただ、キヤノンの現行50mmは1993年6月に発売されたものであり、その光学設計は実に21年間も更新されていません。銀塩の時代に作られたものですから、今のデジタルと相性が良くないのは想像に難くありません。

そこで、今回の撮影前に、久しぶりに標準レンズを買い足すことにしました。大変評判の良い、SIGMAの「50mm F1.4 DG HSM」です。SIGMAのラインナップの中でも画質重視を標榜するArtラインに属するこのレンズ。最大径85.4mm、全長99.9mmという堂々たるサイズは、F2.8通しの標準ズームと勘違いしそうな大きさと重さです(笑)。もともとパンケーキレンズが大好きなエンゾーの趣味嗜好とは相容れない重量級ですが、そこはそれ仕事に使うレンズですから、わがままも言っていられません。

さて、実際に使ってみたところ、噂に違わぬ「解像度番長」ぶりに驚きました!まさに、カミソリ。等倍で画像チェックをするのがこんなに楽しいのは、最近だとソニーのRX1を初めて手にした時以来です。この空気感というかヌケの良さは、一度知ったら病みつき間違いなしですね。

同時に、ちょっとした手ブレやピンぼけもバレてしまうシビアさも持ち合わせているため、今回のように失敗が許されない仕事写真においては、なかなかの緊張を強いるレンズでもありました。ともあれ、当面はこのレンズのお陰で、モデル撮影時にテンションが上がりそうです。

  • 拍手! (2)

dp Quattroのボディースーツ・・・ついに!!??

こんにちは、デザイン企画の三好です。

SIGMA dp1 Quattro 及び dp2 Quattroユーザーの皆様!

「ユリシーズでは、現在SIGMA dpQuattroの
ボディースーツ作成中です。」

とうとう言っちゃいました。

このカメラ。とっても形が個性的ですので、今になるまで本当に発売できるのか不安だったんです!

が、

かなり満足いく形になってきたので、ご報告させていただきます。

P9220250.jpg
何もつけなくても十分に存在感のあるこのカメラにレザーを着せるとどうなるのでしょう??
初めての形で、全く想像が付きませんでした。

先日発売の、SONY RX100 M3のボディースーツとほぼ同時に製作していたので、
この極端なサイズの違いには戸惑いました。
P9220252.jpg

まずこの個性的なカメラのボディースーツを企画するあたり、
革を着せる事で高級感やかっこよさが増してほしいというのは勿論

「バッテリーを出し入れする事が多いこのカメラは、
ボディースーツを着せたままバッテリーの交換ができる事は絶対条件。」

「カメラを保護したいので、なるべく革でカメラを覆いたい。」

「ケースがボタンの邪魔になってほしくない!」

「もちろんSDカードも、着せたまま出し入れしたい。」

など、機能的な面もクリアしたいというわがままなデザインを押し通すことにしました。

職人さんは個性的なカメラと、わがままデザインを見て「うむ~・・・!!」とうなっていましたが、
いつでも向上心が高い職人さんは、この難解なボディースーツ作りに励んでくださいました。

まず、第一回目の試作がこちら
P8130048.jpg

「ケースの上端がカメラの軍艦部より高い事で、大きいカメラがさらに大きく見える・・・」
「鏡筒まわりのラインが大きく開いているため、なんかしっくりこない・・・」
「電源ボタンにケースがかかり、ボタンが押しにくい・・・」

等々、まだまだ改良点がいっぱいでした。

そうして、4回目の試作・・・職人さんも「これは、100%じゃないでしょうか?」
と自身満々なボディースーツがこちら。

IMGP0027.jpg
レンズ周りのライン。こだわりました。とっても美しいです。

IMGP0029.jpg
背面のボタン。ケースで邪魔しません。

IMGP9174.jpg
バッテリーの交換もスムーズに。勿論ボディースーツつけたまま三脚が利用可能。

IMGP9175.jpg
SDカードも簡単に取り出せます。

DSC_1917.jpg
ストラップと合わせてもかっこいいです。
お洒落に仕上がりました。素敵です。
イタリアンレザー(プエブロ)を贅沢に使ってますので抜群の存在感ですね。

dp Quattroのボディースーツ!完成まであと少しです。
発売は、11月頭を予定しています。

ご検討どうぞよろしくお願いします。

  • 拍手! (0)

ULYSSESのギフトラッピング

スタッフの森です。

最近朝起きて、ひんやりする室温に
秋の訪れを感じています。

もう少し夏らしいことは沢山やりたかったのですが、
今年は特に夏が短く、何もできず終いでした。(ただの出不精です)

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋ですが、
写真でいうと、やはり紅葉でしょうか。

実のところ、私はちゃんと紅葉を撮りに行ったことがないので、
一度行ってみたいなぁと思っているところです。

ミーハーですが、京都とか…。

個人的によく夏に行くのが、京都の嵐山から行ける保津川下りなのですが、
ぜひあの渓谷を紅葉の季節に見てみたいなと毎回思っています。

・・・・・・・

変わって、ULYSSESの話になりますが、

先日ラッピングを見直しまして、
包装紙とそれに合わせるリボンを選び直し、
わざわざシールをオリジナルで作った気合の入れようです。

ギフトラッピング

blog20140919a.jpg

おかげさまでラッピングの依頼が
とても多くなってきた今日この頃ですが、

ラッピングが増えても、基本的にULYSSESが儲かる値段設定には
なっておりませんので安心してクリックして下さい(笑)。

もちろん無料のラッピングも用意しております!

個人的なチョイスとしては、

柔らかな印象の、白ニットプリント×白リボン
blog20140919b.jpg

シックなモノトーンの、白木プリント×黒リボン
blog20140919c.jpg

シンプルイズベスト! ひし形柄×紺リボン
blog20140919d.jpg

あたりをプッシュします。

カメラを持っている人でも、付属のメーカー純正ストラップしか使ったこと人は結構多いと思いますので、

革のストラップは、その人にとっての
初めての体験をプレゼントするようでおすすめです!

自分が普段選ばない洋服をプレゼントされた時のような
驚きと新鮮さと、新しい世界に足を踏み入れた面白さがあるみたいです。

実際私は、私がGRを使っている友達にクラシコDGをプレゼントしたことがあるのですが、

おぉぉぉ!急にお洒落になった!!

と言って、とても喜んでいました(笑)。

その時は包装なしで渡した(←雑)のですが、ラッピングがあると、
1ランク上のプレゼントを演出できると思いますので、

私も相手が女性の時は、ぜひラッピングして渡したいと思います。

それでは皆様、良い週末を!

  • 拍手! (0)

2014年フォトキナ雑感(その1)

ただ水を飲んだだけでむせるようになってしまった42歳の店長・エンゾーです。

二年に一度のカメラの祭典「フォトキナ」が、今まさに、ドイツのケルンで開催されています。例年、メーカー各社はこのイベントに照準を合わせて目玉商品のモデルチェンジを行うので、目が離せません。(もっとも、スマートフォンに押されて市場が縮小傾向にあるカメラ業界、ここ数年の傾向としては光学メーカーのブースは元気がないようですが)

正直、行ってみたかったんですが、時間もお金もなかったので行けてません・・・。

とはいえ、今年も続々と新製品の情報が入ってきていますので、十分楽しむことは出来るわけで。
いろいろネタがある中で、とりあえずエンゾー的に一番身の丈に合っていて、すぐに手を出しそうなブツは、こいつです↓。

はい、キヤノンの現行のラインナップで二本目となるパンケーキレンズ、EF-S24mm F2.8 STMです。
一本目がフルサイズ対応のEFマウントだったのに対し、こちらはEF-SでAPS-Cサイズのカメラにしか使えません。5Dや6Dで使いたかった方にはちょっと残念なお知らせですが、エンゾーはEOS Kiss X7との超軽量コンビで使おうと目論んでいます。
何より、40mmが銀塩換算で64mmとやや望遠寄りになってしまうのに対し、このレンズは換算38mmでスナップに最適な画角となるため、喉から手が出るほど欲しかった一本なのでした。しかも、財布に優しいのが素晴らしい!「小型・軽量・安価」は、立派な性能だと思います。

ああ・・・Kiss X7とパンケーキ2本だけ持って、あてもなくぶらぶらする旅がしたいなあ・・・(遠い目)。

  • 拍手! (0)